YUJImedia.com

人生を複利運用するブログ。

ウズベキスタン観光隊員風

【タシケント】ぎょえー!ウズベキスタンに東京タワーより高いテレビ塔があっタワー!【375m】

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama) タシケントを観光するときにまず知りたいのが街全体の航空写真でしょう。鷹の目で街を見下ろすことで、通れる場所や目的地が明確になって、観光しやすくなること間違いありません。今回は首都にあるタシケントタ…

【ウルグットバザール】卒業旅行としてスザニの産地へ行ってみた。【サマルカンド】

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 帰国してすでに1ヶ月も経過してしまいましたが、最後の総会後に少しだけ旅行をしてきました。旅行先はサマルカンドの近くにあるウルグットバザールです。ここはスザニの産地として有名で、格安で手に入る…

【タシケント】急遽変更された宿泊先はVIP仕様のレグランドホテル【最新情報】

アッサロームアライクン、YUJI(@wish_yama)です。 2017年の抱負はなんですか?わたしは日本でもブログの更新を続けることと、北海道の情報を多くのひとに届けるようにしたいなんて思っています。今回はタシケントにある旧タタホテルを紹介します。

【アートホステル】英語?ロシア語?ウズベク語?様々な国籍のひとが集うアートホステルを紹介します。

アッサロームアライクン、YUJI(@wish_yama)です。 観光でウズベキスタンを訪れたいかたに朗報です!なんと新大統領の就任後数日で、日本やイギリスなどのVISAが必要なくなりました! これまでウズベキスタンへ行ったみたいけど、VISAの申請がややこしくて...…

【ゲストハウス】大統領府にもっとも近いゲストハウス、ANVAR'S GUESTS【タシケント】

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 この頃は病院での通常業務のほかにイベントに誘われることもおおくなり、2年間の活動もそろそろまとめに入ろうかというところ。月1回以上タシケントへ上京しています。昨日宿泊したゲストハウスを紹介しま…

【タシケント】五つ星ホテルの眼下に建つ優良ホステル。サンライズ・キャラバンステイに泊まってみよう【オススメ】

アッサロームアライクン、YUJI(@wish_yama)です。 フェルガナにもとうとう初雪と、積雪がありました。ウズベク人はスタッドレスタイヤなど使わないので、配属先までヒヤヒヤしながら向かいます。昨日はブラックアイスバーン。いつスリップしてもおかしくない…

【タシケント】格安で泊まれるオススメゲストハウスはここ!topchan hostelで友達を作ろう【オススメ】

アッサロームアライクン、YUJI(@wish_yama)です。 地方隊員が首都上京したとき、通常であればウズベキスタンホテルに宿泊することができます。ですがこのウズベキスタンホテル、立地のよさ以外に引き立つポイントが少なく、個人で泊まろうという気にはどうも…

【タシケント】ボランティアが主催するJICA写真展2016年のサポートをしてきました。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 毎年恒例となってきたjica活動写真展。開催場所を提供してくれる団体があることも、協力してくれる人がいることも、全て信頼関係のうえに成り立っています。イベントを開催すること決して楽なことではあり…

【イベント】首都のタシケントろう者文化センターで自作の健康体操を教えてきた。【タシケント】

アッサロームアライクン、YUJI(@wish_yama)です。 タシケントで開催された写真展は大盛況のうちに終えることができました。週末に開催された写真展。せっかく上京するなら首都で活動している隊員の配属先も訪問してみようと思い、友人に電話をします。

【フェルガナ】陸の孤島を脱出!フェルガナからタシケントまで列車を使って上京しました。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 ウズベキスタンで陸の孤島と呼ばれ続けていたフェルガナ州。その所以は双方をつなぐ”カムチック峠”が冬場には通行禁止となってしまうためであり、例年11月末頃に峠閉鎖の通達が下ります。11月上旬に開催さ…

【歯科治療】ウズベキスタンで歯科治療をするにはどこがおすすめ?勇気を出して受診してみた。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 海外生活を長期にわたり続けるとき、一番怖いのは病気でしょう。AIUなど多くの海外保険があり旅行者をサポートしています。わたしも2年契約の海外旅行保険に加入しています。 そして病気以上に怖いのが"歯…

【ナマンガン】カムチック峠を越えた未知の街ナマンガンには、思いもよらぬ景色が広がっていました。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 先日タシケントからカムチック峠を越えたところにある街"ナマンガン"へと日帰り旅行をしてきました。敬虔なイスラム教徒が多いと噂されるこの街、JICAの隊員も派遣されておらず、半ば未知の都市と呼べるよ…

【タシケント】主観で首都の観光情報で網羅しています。

アッサローム・アライクン、YUJIです。 普段はフェルガナの情報を中心に記事を書いていますが、今回は首都タシケントについて紹介します。地方隊員は3ヶ月に1度首都へ上京し、ボランティア報告会や各部会に出席します。しかし聞くところによるとこのス…

【タシケント】ウズベクファッションの老舗、ウズアパレル!

アッサローム・アライクン、YUJIです。 先日紹介したKANISHKA2号店の近くにアパレルショップを発見しました。店舗名はウズアパレル。突撃取材の様子を公開します。 続きを以下よりお読みください!

【タシケント】写真多め!邦人限定フードフェスティバルの全貌!

アッサローム・アライクン、YUJIです。 先日のタシケント上京時に、在ウズベキスタン邦人にむけて一本のメールが届いた。 来る5月14日(土)に世界各国の料理が一同に集う”フードフェスティバル”が開催されるとのことだった。それはまるで日々のウズベ…

【タシケント】これであなたもファッションリーダー!アパレルショップKANISHKA2号店!

アッサローム・アライクン、YUJIです。 タシケント滞在中に発見したアパレルショップ”KANISHKA”、先日なんとその2号店がOPENしたらしい。ミーハーなわたしは颯爽と新店舗へと向かい、その全貌を暴いてきました!写真左手のМЫ ЗДЕСЬと描かれ…

【タシケント】これであなたもファッションリーダー!アパレルショップKANISHKA

アッサローム・アライクン、YUJIです。 長期の海外生活で気になり始めるのが、普段の衣類だろう。たとえ途上国に住んでいても、自分の身に付けるものには極力良いものを使いたいのではないでしょうか。タシケントにあるアパレルショップ「KANISHKA」はそ…

【タシケント】これであなたも観光大使!?タシケントシティーツアーで市内を巡ろう!

アッサローム・アライクン、YUJIです。 中央アジアのウズベキスタンについて詳しく知るひとは少ないかもしれない。わたしも赴任が決まってからあわてて現地の情報や歴史について調べたものです。JICAで主に宿泊先として使っているウズベキスタンホテル。そこ…

【タシケント】娯楽の少ないウズベキスタンでも、ここなら1日遊べるぜ!

アッサローム・アライクン、YUJIです。 タシケントにはサッカーなどのスポーツまたは食事をとる・観光地をまわるなどの娯楽しかなく、活動的なひとならば1週間も滞在すれば飽きてしまうかもしれない。そこで2014年に新装開店した”サマルカンド・ダルボ…

【紅葉】北海道の朝里峠は全国有数の紅葉スポット

北海道の紅葉は短い。9~10月のあいだに楽しまなければ11月には散ってしまう。オススメ観光スポットは札幌~小樽間を結ぶ”札樽道”から見下ろす朝里峠だ。眼下に拡がる赤・黄・緑の紅葉は、見るものの心を一瞬で虜にしてしまうほど美しい。 続きは以下か…

【タシケント】70年前に抑留されていた日本人が眠る場所

市内38番バスに揺られること30分、そこは以前から興味のあった在ウズベキスタン日本人墓地。1940年代に旧ソ連に抑留され、この地で命を絶った日本人が埋葬されている。 ―ウズベキスタンでの日本人の活躍は小学校の教科書にも載るほどである。1970年代のタシ…

【サマルカンド】世界東洋音楽祭

アッサローム・アライクン、YUJIです。 ウズベキスタンで2年に一度開催される「世界東洋音楽祭」を見るために、サマルカンドへ。 この音楽祭を見るためにウズベキスタンへ旅行する日本人もいるほどで、全5日間の日程でアジア各国の音楽が奏でられる夢の祭…

タシケント「ZOO PARK」

動物園「ZOO PARK」 場所:地下鉄ボドムゾール駅からタクシーで2~3分 料金:大人6000スム、子供3000スム 日本では見ることの少ない "ユキヒョウ" "アルパカ” "シベリアタイガー" などの動物が、所狭しと飼育されている。 (受付) 水族館エリアではアロワナ…

タシケント「発達した交通網」

入国までは開発途上国というと移動手段は徒歩や自転車、遠くであれば1時間おきに走る巡回バスに乗るイメージがあった。 ではウズベキスタンの首都タシケントの交通事情はどうだろう。首都の交通事情は日本と遜色ないといえる。 地方都市、例えば札幌市並みの…

タシケント「初の散髪」

こちらに来てから初めて髪の毛を切った。 坊主頭にするのが一番手間がかからないのでお勧めだが、私実は人生で一度も坊主頭にしたことがない。 しかしこちらの床屋とはいかなるものか・・・タシュケントにはいたるところに床屋がある。今回は切ってもらった…