読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YUJImedia.com

人生を複利運用するブログ。

【浜松市】鰻が美味しいと話題の浜松市から、メッセージが届きました!

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 協力隊員として現地で活動するなかで、日本とのつながりを持てる制度があります。 それが「世界の笑顔のためにプロジェクト」 日本の企業・学校などから使わなくなった備品を寄付してもらい、途上国に届け…

【アクティビティ】言語センターで評判のよかったアクティビティ4選!

わたしの同期隊員が訓練中に口にした言葉が、いまも耳に残っている。「日本は寝ていても生きられるよね」どんな心境でこの言葉を発したか定かではないが、訓練に燃えていた当時のわたしはいたく衝撃を受けた。 続きは以下からお読みください!

【アクティビティ】現地日本語補助講師としての3つの基本理念

わたしはいま日本語講師を兼任している。講師ではなく”補助講師”といったほうが正確かもしれない。代々、フェルガナに赴任した隊員が講師を勤めており、わたしで5代目になる。今回は授業中の基本的な考え方について紹介したい。 続きは以下よりお読みくださ…

【乳歯】日本語では乳の歯と書く、ではウズベキスタンでは......

11月14日、今日も言語センターで日本語の授業を進める。教室に入ると向かいの教室でロシア語を教えている講師と目が合い、笑顔で”こんにちは”と声をかけてくれた。わたしが、日本語がお上手ですね、どちらで勉強されたんですか?と聞くと無言の彼女。「…

【誕生日】わたしがしてもらった誕生日を思い出し、そして今度は生徒の誕生日を祝福する

11月8日、今日は言語センターの生徒の誕生日パーティーに招かれた。会場はいつも授業をしている建物の3階、日本語教室。以前に自分がしてもらったことの恩返しにと準備から手伝いに参加した。

【日本語弁論大会】彼女の日本語力がアジアで一番であると証明された日。

10月31日秋の気温が徐々に冬へと移りつつある近頃、今日は今までにないほど多くの生徒が参加してくれた。いつものようにこの一週間でなにがあったのか、日記に書いてみんなの前で発表するところからはじめる。 続きは以下よりお読みください!

【民間療法】ウズベキスタンでは病気のときに、固いパンを食べると治るといわれている

10月17日、今日の授業は季節の変化について。 日本ではこの季節になると「どんな秋にしたい?」そんな質問がよく聞かれる。 食欲の秋。 読書の秋。 スポーツの秋。 さて、ケラジャックの生徒たちはどんなように考えているだろうか。 続きは以下よりお読…

【ゲスト招聘】これまで旅行した国は30カ国以上、世界二周した経験をもつゲストが登場

10月10日、今日はタシケントからフェルガナ地方へ旅行にきた隊員との交流会。世界各国を旅して廻る、日本屈指のプログラマーである。なにを隠そうこの方のブログはあらゆる国の情報を網羅している。入国する直前にブログ内に公開されているウズベク語単…

【誕生日】20歳代後半に差し掛かった実感の無さと、途上国で誕生日を迎えたこと

10月4日(日)に26歳の誕生日を迎えた。途上国で迎えるその日は、今後生きるなかのどんな位置づけになるだろうか。

【ゲスト招聘】健康的な生活を送るために必要なことは、食事が最優先

9月19日(土)今日はフェルガナに観光に来てくれたJICAボランティア保健師隊員の田口さんを中心の授業がすすめられた。 続きは以下よりお読みください。

【カレーライス】イスラム教徒は豚肉を材料として使っている料理は食べられない

7月25日、前日帰国した隊員から日本のカレールーをもらい、日本のカレーライスの作り方を紹介した。 続きは以下よりお読みください!

【ゲスト招聘】日本人ととともに語り合ったのは、生徒たちの10年後の願い

8月7日、今日の授業は首都から旅行に来たJICAボランティアとの交流。語学学習の基本は「読む」「聞く」「話す」「書く」だ。沢山のネイティブスピーカーの発音を聞き、会話することが一番の上達方法だろう。 続きは以下よりお読みください!

【言語センター】ケラジャック・ミンバラ、日本語訳で”未来”

フェルガナ地方に日本語を教える言語センターがある。通称「ケラジャック(келажак)」 続きは以下よりお読みください!