読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YUJImedia.com

人生を複利運用するブログ。

【途上国料理】ウズベキスタンの食材を使ってカルボナーラを作ってみました。参考にどうぞ。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 海外に出たときに一番困るのは交通事情でも治安状況でもありません、間違いなく食事だといえます。食事が満たされていればそのほかのことなど30%も必要ないといえるでしょう。今日はウズベキスタンの材料…

【モバイルプリンター】海外生活の必携品!ウズベキスタンでモバイルプリンターを使ってみたのでレビューします。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 旅行やこれから海外生活をはじめる上で、必需品となるものはなんだと思いますか?わたしは現地のひとを喜ばせるようなものをひとつでも多く持ちたいと考えています。今日は最近購入したモバイルプリンター…

【ギジュドバン】ウズベキスタンの西にある町で作られる、色鮮やかな陶器。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 ウズベキスタンのリシタンといえば青の陶器が有名な街です。フェルガナを拠点としてリシタン・マルギランなどを観光する人も多く、これまでも数人の旅行者と食事をしたり、案内をしました。

【ブハラ】リアルドラクエを体験できる街で、旧市街に迷い込んでみた。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 ウズベキスタンの西にある地方都市ブハラ、ここの旧市街地はまるでドラクエにでてくる”アッサラームの街”のよう。ドラクエよりFF派なので完全にイメージでしか書けないのだけれど、この街を観光してきまし…

【歯科治療】ウズベキスタンで歯科治療をするにはどこがおすすめ?勇気を出して受診してみた。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 海外生活を長期にわたり続けるとき、一番怖いのは病気でしょう。AIUなど多くの海外保険があり旅行者をサポートしています。わたしも2年契約の海外旅行保険に加入しています。 そして病気以上に怖いのが"歯…

【旅日記】これがほんとの親孝行!超特急でウズベキスタンの文化を体験!

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 協力隊員の任地へ日本から家族が来ることはおおよそどの国でもおこなわれているそうです。たとえば大洋州や南米であればその足取りも軽いのかもしれません。しかしここは日本からの渡航者数が少ない中央ア…

【職業選択】働きすぎなあなたへ送る、これからのマインドセット

アッサローム・アライクン、YUJIです。 就職・転職・退職と働くことにともない人生には様々な転機が訪れるでしょう。それにともない家庭環境も変わり、期待・不安も大きくなることと思います。新しい仕事の条件は十人十色で、立地や給与体系から選ぶこともあ…

【思考術】わたしが海外でもマインドマップを書き続ける2つの理由!!

毎日の仕事に追われて気がつけば1週間・1ヶ月・1年と時間は過ぎていく。学生のころに思い描いていた自分の姿は、いまの自分の姿と重なっているだろうか。「いまが100%楽しくて充実している!」と胸を張っていえるならそれは素晴らしいことだ。もちろ…

【ライフハック】柔軟に生きるため徹底的に選択肢を減らすべき。その理由

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 このごろ人々の動きが画一化されはじめた。情報網はインターネットの著しい発達を背景に拡がり、情報収集を得意とする人が増え始めたことによる。しかし情報の分析・解釈までしている人は少ないように思う…

【ライフハック】毎日同じことの繰り返し!?脱・習慣化のススメ!

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 写真は一時帰国で購入したSONY-α6000で撮影したバラの写真です。 あなたはいまの生活に満足しているだろうか?わたしが考える人生を輝かせるための秘訣は習慣を変えることである。しかしあえて今、脱・習…

【ナマンガン】カムチック峠を越えた未知の街ナマンガンには、思いもよらぬ景色が広がっていました。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 先日タシケントからカムチック峠を越えたところにある街"ナマンガン"へと日帰り旅行をしてきました。敬虔なイスラム教徒が多いと噂されるこの街、JICAの隊員も派遣されておらず、半ば未知の都市と呼べるよ…

【中間報告③】入国から1年半で我が身に降りかかった事件と成果物

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 気が付けば後輩隊員が過半数を占め、わたしもついに最上級の古株隊員になろうとしている。思い返せば東も西もわからなかった入国当初、頼れるのは現地で活動している先輩隊員たちでした。いま自分が同じ立…

【マルギラン】地球の歩き方にも載っていないアトラス工場を見つけた。「サイードアフマド・メドレセ」

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 1年以上フェルガナに住んでいると、好奇心をそそるような、目新しいものになかなか出会わなくなりました。ウズベキスタンの環境に慣れてきたと言うことかもしれません。しかし先日、「ここにあったか!!」と…

【追加】日本でも購入可能?もっと早く知りたかったウズベク語関連書籍7選!

アッサローム・アライムン、YUJI(@wish_yama)です。 現地ボランティアルームに数冊関連書籍があるものの、ウズベク語は日本で広く学習されている言語ではなく日本語と対応している学習教材が非常に少ないことや、既に絶版になっているものもあり手に入りにく…

【クバ】現役協力隊員(26歳)が、ウズベキスタン色満載のホームステイ体験をしました。

アッサーロム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 9月12日未明、シベリア抑留中に学んだロシア語を使って、シルクロードの歴史や民族の調査を続けていた文化人類学者の加藤九作さん(94)が、ウズベキスタンのテルメズでの発掘調査中に、死去されたそうです。…

【さよならユスフジョン】旅先で風に吹かれたユスフジョンは、運河へと落ちていきました

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 ウズベキスタンの各地を一緒に旅している相棒”ユスフジョン”は、アドラス生地から作られたテディベアです。フェルガナ州を中心にタシケント、アラル海、ヒバなどをともに旅してきました。 しかしそんな彼が…

【フェルガナ】日本人の味覚に合うのはウズベク料理よりやはり中華?新規開店した中華料理屋をレポートします。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 フェルガナは、ウズベキスタンのなかでも宗教色が強く、保守的な地域と言われています。古くからの文化や風習を大切にし、かつ観光資源が少なく外国人旅行者等も少ないため、やや暮らしにくい地域とも言え…

【ウズベク人】徹底解剖!現地人のライフスタイルとは?

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 わたしの2年間の任期もついに残り6ヶ月の期間となりました。 残りの期間でどれだけのことができるのかと思考をめぐせる毎日を過ごしています。ウズベキスタンには日本人の理解をはるかに超える文化が存在…

【1周年記念】BLOG”YUJImedia”をはじめて丸1年、その感想と成果について書きます。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 継続は力なりと古くからいわれているように、続けることで新たに見えてくるものがあり、自らに起こる変化、また周囲の評価も変わっくるように感じます。BLOGの運営をはじめてから1年がたった今、見える世界…

【蜂に刺された】こんなときどうする?~ウズベク人、Дさんの場合。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 夏真っ盛りのウズベキスタンは、日中の外気温50度を軽く超えてきます。 しかし、50度といっても湿度が低いため、低温のサウナに長時間入っているような感じ。日本で50度を記録したら気象災害および人的被害…

【写真展2016】タシケントで開催されたJICAボランティア活動写真展にサポートスタッフとして参加してきたので、簡易レポートです。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 8月6日は1945年に広島へ原子爆弾の投下された日です。 同日にタシケントで開催された活動写真展に、追悼の意味を込めて参加してきたので、簡易レポートをお届けします。

【写真展2015】JICA発足50周年およびウズベキスタンへの協力開始15周年記念イベントに参加してきた

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 10月23日から11月2日までの10日間開催される、 「JICA発足50周年およびウズベキスタンへの協力開始15周年記念イベント」 へサポートメンバーとして参加した。 続きを以下よりお読みください!

【写真展】リシタンで2日間にわたる日本文化紹介イベントを手伝ってきた。簡易レポートです。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 7月30日にフェルガナの隣町リシタン・ジャパンセンターで日本文化紹介のイベントが開かれたので、手伝い兼発表者として参加してきました。 このイベントは9月に帰国する26年度2次隊の隊員が企画したもので…

【Rio2016】男子49kgで金メダルを獲得したウズベキスタンのハサンボイ選手が、どうしてメダルを獲れたのか分析してみました。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 ウズベキスタンではスポーツが盛んです。 スポーツをするのは主に男子、女性が主体となって関わることは未だ少ないように感じます。それでもいくつかの競技では女性のみのものもあると聞いたことがあります…

【浜松市】鰻が美味しいと話題の浜松市から、メッセージが届きました!

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 協力隊員として現地で活動するなかで、日本とのつながりを持てる制度があります。 それが「世界の笑顔のためにプロジェクト」 日本の企業・学校などから使わなくなった備品を寄付してもらい、途上国に届け…

【一時帰国】わたしが派遣9ヶ月目の一時帰国をすすめる理由

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 協力隊活動中に一度だけ日本への帰国が可能だ。それは一定の条件を満たしている必要があり、わたしもつい先日、2週間ほど一時帰国をしたばかりである。久しぶりに感じる日本の空気は懐かしくも新鮮で、だ…

【過去記事】機内持込の重量制限があるなか、わたしはコレを持っていった!

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 2015年3月23日にウズベキスタンへ入国し、早くも1年以上ここでの生活を送ってきた。当初感じていた本邦の印象は、街中には警察が多く、地下鉄やJICA事務所に入るとき必ず所持品チェックを受けるということ…

【タシケント】主観で首都の観光情報で網羅しています。

アッサローム・アライクン、YUJIです。 普段はフェルガナの情報を中心に記事を書いていますが、今回は首都タシケントについて紹介します。地方隊員は3ヶ月に1度首都へ上京し、ボランティア報告会や各部会に出席します。しかし聞くところによるとこのス…

【まとめ】協力隊員としてウズベキスタンから渡航可能な国まとめ。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 青年海外協力隊員として派遣されたものは、年間20日、2年間をあわせると最大40日の任国外旅行ができます。配属先での活動をしながら、余暇に国外旅行をするのが楽しみのひとつ、という隊員も多く、わたし…

【夏フェス】ウズベキスタンでも夏フェス!?5000スムで入場できるコンサートを体験してきました。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 ウズベキスタンは伝統的文化が強く根付いている国、というのが世の中の認識だと思います。それはひとつの正解といえますが、実は現代的・近代化している部分も多くあるのです。今回はウズフェス(と勝手に呼…

【ライフハック】海外在住26歳(独身)がAmazonプライムを使った感想。いきなりゲスの極みかよ!

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 海外在住の身としてなるべく快適に生活をしたいと思うのは人間の性でしょう。途上国にいるからといって、あえて食に飢える必要はない。なるべく現地サービスを上手に利用していくことがストレスを溜めずに…

【マルギラン】2016年最新情報!近代化しはじめたマルギラン

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 フェルガナ中心街からタクシーで北に約15分、そこに位置するのは”シルク”の産地マルギラン。地球の歩き方など各種ガイドブックにも掲載されているが、ここはウズベキスタンでも有数のシルクの産地であり…

【ロシア旅行記2/2】幻のメニューを見つけた!ロシアにある日本企業〇〇製麺を訪問しました。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 カザフスタンのアルマトイからはじまりサンクトペテルブルクを経て、ついにモスクワへ到着しました。ロシアの首都であるモスクワには日本の丸亀製麺が出店しており、これがモスクワ旅行の最大の目的!?

【ロシア旅行記1/2】腰痛発症!?芸術の街サンクトペテルブルグに迷い込みました。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 カザフスタン旅行の興奮も冷めやらぬまま続けて、ロシアはサンクトペテルブルクへ向かいました。念願のロシア。世界中で最難関ともいわれるロシアVISAの取得を経て、ついに上陸です。 航空券やホテルの手配…

【青年海外協力隊】全部で4回分!面接試験では想像もつかない質問が飛び交いわたしはこう答えた。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 昨年書いた協力隊関連の記事が人気だった。多くの方が協力隊に興味を持ってくれているのだと嬉しく思っています。既に面接から1年半近く経過し任地での活動も折り返しているこのタイミングで、改訂版をお…

【ブログ論】開設から10ヶ月で総アクセス10000PVを超えた!1000人/月やないか

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。 当ブログを開設して早10ヶ月にして、ようやく総アクセス数が10000人を突破しました。みなさん拍手!! これはわたしのなかでひとつの大きな成果となっているように思います。だってブログであつかうテーマ…

【西の旅4/4】世界遺産の街、ヒバのイチャンカラ!聳え立つ圧巻のモスク群。

アッサローム・アライクン、YUJIです。 西の旅最終日は世界遺産の街、ヒバ。ここは城壁に囲まれたなかに民家や商店街が広がる世界でも特異な地域で、世界文化遺産に登録されている。そんな歴史のある町を絶不調のなか観光してみました。

【西の旅3/4】ヒバのカラ回り!砂漠に囲まれた城壁からのぞく絶景

アッサローム・アライクン、YUJです。 ヌクスを抜けて続いて向かった先は世界遺産の街・ヒバでした。この街は歴史が長くウズベキスタンの空気が強く出ています。まずは周辺にある”カラ”と呼ばれる城砦を観光しました。

【西の旅2/4】アラル海の穴場!20世紀の悲劇と呼ばれる船の墓場の意外な姿とは。

アッサローム・アライクン、YUJIです。 アラル海ツアー2日目は今回の旅の目玉である通称”船の墓場”と道中に振りかかった事件について紹介します。炎天下のアラル海周辺の荒野には水一滴なく、一歩手違いが起これば大惨事かもしれませんでした。いまこうしてレ…

【西の旅1/4】移動距離1500km以上!アラル海の秘法!

アッサローム・アライクン、YUJIです。 通常の活動も軌道に乗ってきたため6日間の休暇をいただき、西のアラル海へと旅行してきました。 しばらくタシケントとフェルガナ、遠くはキルギスへの旅行と主にウズベキスタンの東側を生活の主軸としていましたが、は…

【タシケント】ウズベクファッションの老舗、ウズアパレル!

アッサローム・アライクン、YUJIです。 先日紹介したKANISHKA2号店の近くにアパレルショップを発見しました。店舗名はウズアパレル。突撃取材の様子を公開します。 続きを以下よりお読みください!

【VISA】在ウズベキスタン、ロシア大使館でVISAを申請してみた【備忘録】

アッサローム・アライクン、YUJIです。 初めての海外生活もとい旅行先にウズベキスタンを選んだ現役協力隊員が、海外旅行を選ぶときのネックになりやすいVISA(査証)について調べてみました。(今さら) 続きを以下よりお読みください!

【タシケント】写真多め!邦人限定フードフェスティバルの全貌!

アッサローム・アライクン、YUJIです。 先日のタシケント上京時に、在ウズベキスタン邦人にむけて一本のメールが届いた。 来る5月14日(土)に世界各国の料理が一同に集う”フードフェスティバル”が開催されるとのことだった。それはまるで日々のウズベ…

【タシケント】これであなたもファッションリーダー!アパレルショップKANISHKA2号店!

アッサローム・アライクン、YUJIです。 タシケント滞在中に発見したアパレルショップ”KANISHKA”、先日なんとその2号店がOPENしたらしい。ミーハーなわたしは颯爽と新店舗へと向かい、その全貌を暴いてきました!写真左手のМЫ ЗДЕСЬと描かれ…

【タシケント】これであなたもファッションリーダー!アパレルショップKANISHKA

アッサローム・アライクン、YUJIです。 長期の海外生活で気になり始めるのが、普段の衣類だろう。たとえ途上国に住んでいても、自分の身に付けるものには極力良いものを使いたいのではないでしょうか。タシケントにあるアパレルショップ「KANISHKA」はそ…

【でんぱ組.inc】現役協力隊員が選ぶ、でんぱ組.incのオススメ曲ランキング!

(でんぱ組と同じ6人なので使わせてもらいました) アッサローム・アライクン、YUJIです。 元HiーSTANDARDのメンバーで現在はソロとして活動するKen Yokoyamaが先日のMステに出演したとの情報を入手しました。彼が北海道へ来たと…

【全職種】2016年4月現在でウズベキスタンへ派遣されている職種一覧。

アッサローム・アライクン、YUJIです。 ウズベキスタンには2016年4月現在で18種類の職種が派遣されている。派遣人数はジュニア・シニアボランティアあわせて40名弱。改めて数えてみると結構おおいなーと思いました。今回は全職種を公開します! 続…

【途上国飯】Ziplockのポテンシャル!コレがあれば食事満足度100%!

アッサローム・アライクン、YUJIです。 海外旅行・生活をはじめるときに一番不安になることといえば間違いなく”食事”だと思います。日本は世界一食に恵まれている国はである。この認識は海外生活の長い日本人が口をそろえて言っている。今回は日本食の目玉で…

【タシケント】これであなたも観光大使!?タシケントシティーツアーで市内を巡ろう!

アッサローム・アライクン、YUJIです。 中央アジアのウズベキスタンについて詳しく知るひとは少ないかもしれない。わたしも赴任が決まってからあわてて現地の情報や歴史について調べたものです。JICAで主に宿泊先として使っているウズベキスタンホテル。そこ…

【タシケント】娯楽の少ないウズベキスタンでも、ここなら1日遊べるぜ!

アッサローム・アライクン、YUJIです。 タシケントにはサッカーなどのスポーツまたは食事をとる・観光地をまわるなどの娯楽しかなく、活動的なひとならば1週間も滞在すれば飽きてしまうかもしれない。そこで2014年に新装開店した”サマルカンド・ダルボ…