YUJImedia.com

人生を複利運用するブログ。

【地域情報】新店舗が誕生したフェルガナ州には、新しい風が吹くのか?

新しい商店ができたらまず入ってしまうのは、日本人としての性だろうか。フェルガナ市内に先日新しいスーパーマーケットが誕生した。3~4ヶ月前から工事がはじまり、いまかいまかと待ちわび、満を持しての開店だ。今回は新店舗の紹介をしたい。

続きは以下よりお読みください!

 

 

バイラン

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20151219033926j:plain

 

店舗の名前は”Бaйрам”とかいて”バイラン”と読む。意味はお祭り。

ウズベキスタンでは季節ごとにお祭りが行われている。祭りのような賑やかなおみせにしよう!そんなウズベク人の意気込みが感じ取れる。

 

店の中はどんな感じ?

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20151219034516j:plain

 

入店するとまず左手に無料コインロッカー?がある。店内には手荷物持込禁止のようだ。入店した瞬間、担当の店員から「どこからきたんだい?ここに荷物を置くといいぜ!」と笑顔で話しかけられる。

いやでもあなた、今かばんおいたのロッカーの上じゃん……

細かいことは二の次に、これがウズベク流。

 

そしてすぐ目の前に”マーケティング・コア”のブースがある。その日のおすすめ商品を試食できるようだ。この試みは日本のスーパーでは良く見かけるが、ウズベキスタンで見かけたのは初めて。ということは外資?真相はいかに。

 

ゲートを抜けると右手に季節の野菜や果物を陳列したスペース。

とうきかんは不作のため、現品は少なく、人も閑散としている。

そのまま道なりすすんでいくと、クッキーやケーキの売り場があり、専属の売り子が4~5人駐在している。こんなに必要……かな?

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20151219035306j:plain

 

こんな商品も見つけた。

YOKO-葉子-

漢字が使われていたり京都と書かれているが、品質表示の日本語が文章になっていなかったため、多分中国製。

 

 

ライバルはどこ

 

これまでフェルガナ市最大の小売店は以前に紹介した”MANGO”

品揃えが豊富で、日本製品も極わずかに売られている。しかしこの店舗、価格帯がバザールよりも圧倒的に高い。2倍近い値段の商品もザラにある。

 

 

まとめ

これでフェルガナ州は”MANGO”と”バイラン”の2代勢力ができ、いわゆる価格競争が始まる……だろうか。自信は無い。

 

・店舗名:バイラン

・場所:アジアホテル横

・営業:(おそらく)年中無休

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事を読んでフェルガナへ行きたくなったらブックマーク!をお願いします!