読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YUJImedia.com

人生を複利運用するブログ。

【でんぱ組.inc】現役協力隊員が選ぶ、でんぱ組.incのオススメ曲ランキング!

f:id:sugiyuamayuji19891004:20160508111845j:plain

(でんぱ組と同じ6人なので使わせてもらいました)

アッサローム・アライクン、YUJIです。

元HiーSTANDARDのメンバーで現在はソロとして活動するKen Yokoyamaが先日のMステに出演したとの情報を入手しました。彼が北海道へ来たときにはライブに毎回参戦し、彼のカリスマ性や音楽センスを肌身に感じたものです。

ウズベキスタンにいながらいても立ってもいられず、音楽系のまとめ記事を書くことにしました。題して「現役協力隊員が選ぶ、でんぱ組.incのオススメ曲ランキング!」

 

※今回の記事は活動とは一切関係ありません!

 

続きを以下よりお読みください!

 

 

でんぱ組.incってなにもの?

わたしが4年ほど前より興味をもっていたアキバ系地下アイドル”でんぱ組.inc”の人気に火がつき始めているようだ。なんだか嬉しいような寂しいような......活動終了後は基本的に暇なので、今回はわたしのオススメするでんぱ組の楽曲(シングル曲多め)を紹介します!

 

なかには協力隊合格を勝ち取るためのお守り曲も…?

 

20歳代前半は月2本、フェス皆勤、年間で30本近くのライブに参戦するほどのライブ中毒者でした。そんなわたしがフェスで彼女たちを偶然見かけ、興味を惹かれたのが2013年夏。最近はメディアへの露出も多くなってきているようです。

 

以下wikipediaより引用。

でんぱ組.inc(でんぱぐみインク、Dempagumi.Inc)は、日本の6人組女性アイドルグループ秋葉原ディアステージの従業員「ディアガール」によって2008年12月に結成され、メンバーチェンジを経て2011年12月25日に現6人体制となる。全メンバーが生粋のヲタク(オタク)的要素を持ち合わせており、キャッチコピーは「萌えきゅんソングを世界にお届け」

 

さて今回はわたしのおすすめする、でんぱ組.incの楽曲をランキング形式で紹介!

 

※ネット状況の悪い当国ではこうしてブログに好きな音楽をまとめておくと非常に便利。 

 

第10位 でんでんぱっしょん

 

 

はじめて聴いた彼女たちの楽曲がコレ!

転調の多さに頭を打たれ、全身に衝撃が走りました。

アイドルなのにカオスで、ライブがすごく楽しそう!

作曲はWinnersのメンバーである玉屋2060%、彼が書く曲は彼女たちにとても合っていると思う。

 

第9位 W.W.D

 

 

でんぱ組.incといえば最初に上がる楽曲がコレ。

作詞・作曲はももクロをプロデュースする前山田健一。

メンバー、一人ひとりが抱えていた悩みと、そこから這い上がる様を歌った一曲。

マイナスからのスタート、なめんな。

 

第8位 NEO JAPANISUM

 

 

曲単体の動画が見つからなかったのでライブ動画(2:37~)でお聴きください。

それにしても会場は一体感があって、すごい盛り上がりやな~。

作曲は2000年代中期に10代の若者を中心にブームを引き起こしたORANGE RANGEのNAOTO。歌詞の意味は全体的に良くわからんけど、曲全体の盛り上げ感はさすがのひとこと!

 

第7位 くちづけキボンヌ

 

 

全編チェキ写真で作られたPVは一見の価値があると思います。

あふれ出る平成初期感の雰囲気がたまらない。

 

第6位 Future Diver

 

 

でんぱ組.incの旧メンバー、跡部みぅが登場する作品。

その後、最上もがと藤咲彩音が加入し現在の6人体制となる。

まだメディアへの露出が少なく、PVの仕上がりもどこかチープな感じを受ける。

それもまた彼女たちの魅力のひとつ。

 

第5位 さくらあっぱれーしょん

 

 

この楽曲も作曲は玉屋2060%、彼独特の世界観が爆発している。

実はこの曲を協力隊面接の直前にメガリピートして聴いていました(笑)

曲全体から溢れるでる多幸感と、転調の多さが魅力の楽曲。

 

第4位 ノットボッチ…夏

 

 

でんぱ組の夏ソングといえばこれ!

序盤からアップテンポで、聴いていて飽きのこない構成になっている。

3:19~のみりんちゃんがいいですなぁ。

 

第3位 STAR☆ットしちゃうぜ春だしね

 

 

最新アルバム”GOGO DENPA”より新曲は、またまた作曲を玉屋2060%が手がける「STAR☆ットしちゃうぜ春だしね」

彼女たちらしさが出ており、最新の楽曲では圧倒的に好き。

 

新曲が収録されているアルバムは絶賛発売中!

 

 

第2位 アキバライフ

 

 

彼女たちのホームグラウンド秋葉原を舞台に描かれる楽曲は、どこか懐かしさを感じさせるミドルチューン。アゲアゲアップチューンのなかにこういうメロディックな曲を挟んでくるのは事務所の戦略!?

これもかなりも良曲。

 

第1位 冬へと走り出すお!

 

 

栄えある(?)1位は 2013年にシングル曲として発売された「冬へと走り出すお!」前半はほぼメンバーの自撮でPVがすすんでゆく。 

サビの裏打ちがライブ好きの心をくすぐる!?ジェット気流~

※この楽曲はわたしのプロフィールページに使わせてもらっています。

 

【私について】 - YUJIのBLOG

 

以上が現役協力隊員が選ぶ、でんぱ組.incのオススメ曲ランキングでした!

(動画をまとめるだけで1時間以上……)

 

最後までお読みいただきありがとうございました!