YUJImediaシーズン2

シゴト・旅・人生の楽しみ方を追求するブログ。

【途上国料理】ウズベキスタンの食材を使ってカルボナーラを作ってみました。参考にどうぞ。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。

海外に出たときに一番困るのは交通事情でも治安状況でもありません、間違いなく食事だといえます。食事が満たされていればそのほかのことなど30%も必要ないといえるでしょう。今日はウズベキスタンの材料で作れる料理を紹介します。

 

 

 

不思議な同居生活

フェルガナ市に住むボランティアは現在3人で、みな直線距離100以内に住んでいるのです。個々人で夕食を作って持ち寄るよりは、いっぺんに全員分作る方が材料を節約できるし、経済的。時間も節約できるので負担も減るのでは?

協議の結果、日変わり担当制で3人分の食事をつくることになりました。

 

カルボナーラを作ってみよう!

ウズベキスタンの伝統料理といえば、油で米を炊いたオシュ、自宅釜戸で作るノン。ウズベク料理は美味しいものも多いけど、毎日だとやっぱり飽きてしまうし、違う系統の料理も食べたくなるんです。

 

一昨日はハヤシライス、昨日は鍋、じゃあ今日はカルボナーラを作ってみよう!

 

材料(3人分)

f:id:sugiyuamayuji19891004:20161027033517j:plain

(関係ないものも混ざっています)

・乾麺人数分

・にんにく×2個
・べーこん×200g
・牛乳×150ml
・粉チーズ
・塩、ブラックペッパー
・卵×3個

 

作り方の手順

f:id:sugiyuamayuji19891004:20161027033630j:plain

(ベーコンをてにいれるのが大変.….)

①塩を入れた水で、乾麺を茹でます。

小さめに切っておいたベーコンとニンニクをオリーブオイルで炒めます。

③そこに牛乳150mlをいれ、軽く煮立たせます。

④粉チーズ、塩、ブラックペッパーをいれます。

⑤炒めたベーコンとニンニクを入れます。

⑥一度火を止めて茹で上がった麺をいれ、素早くまぜます。

⑦皿に盛りつけます。

 

食べてみた感想

f:id:sugiyuamayuji19891004:20161027033608j:plain

(盛り付け例)

ウズベキスタンで売られている乾麺は、茹でるとなにやらべとべとしてきます。あと卵を入れてから加熱しすぎたためか、だまが多くなってしまったなぁ。

味は店で食べるものと比べるともちろん劣りますが、自分で食べる分には合格点!

 

まとめ

卵を入れてから加熱しすぎたのか、ややだまが多くなってしまいました。次回の改善点ですね。あまり料理の経験がないので私が作るものはほぼ創作料理です。ついでに汁物がなかったので、コンソメスープも作ってみました。こちらの作り方に関しては別記事で紹介します。

 

【関連記事】 

 


最後までお読みいただきありがとうございました。

これであなたもウズベク人。