読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YUJImedia.com

人生を複利運用するブログ。

【ブハラ】リアルドラクエを体験できる街で、旧市街に迷い込んでみた。

旅日記

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。

ウズベキスタンの西にある地方都市ブハラ、ここの旧市街地はまるでドラクエにでてくる”アッサラームの街”のよう。ドラクエよりFF派なので完全にイメージでしか書けないのだけれど、この街を観光してきました。

 

 

 

ブハラ旅行記

夜行列車タシケント~ブハラ

f:id:sugiyuamayuji19891004:20161014043621j:plain

(夜行列車の車内)

 

【基本情報】

料金:往復チケット、160000スム

時間:およそ10時間の夜行、2205発、20分遅れで出発。

座席:今回はクーペ(4人一室の寝台)

 

大好きな夜行列車にまた乗ることができました。

夜行列車に揺られながら次の街へ向かうことが楽しくて、日本へ帰ってからも定期的にやってしまいそう。

 

列車に乗り込んだものの、頭上の電気が付かない?

そんなことも、もはや我々にとっては大した問題ではないのだ。

 

隊員の配属先見学、ブハラUJC

f:id:sugiyuamayuji19891004:20161014043816j:plain

(ブハラUJC内図書室)

わたしもフェルガナの言語センターでなんちゃって日本語教育をしているけど、ここはまたレベルが違う。大学内に設立されているブハラUJC。

プロジェクターや数々の日本の書籍など、とにかく設備がすげー。

 

市内観光

f:id:sugiyuamayuji19891004:20161014034432j:plain

(ラクダにのってみた)

ブハラ旧市街観光のはじめはラピスハウズという池のようなところ。砂漠のオアシス感が漂っています。

 

タキ

f:id:sugiyuamayuji19891004:20161014034513j:plain

(商店にて)

”タキ”とは商店の建ち並ぶ交通路のことで、お土産屋さんなどが多くある。旧市街地にあり、たこ焼き様の建物のなかに拡がるバザール。

『こんにちは』と話しかけてくれたのはブハラUJCで日本語を学ぶ学生さん。現地で活動する隊員から日本語を習っているとのことだった。

スザニを買ったのだが、話に花が咲いたため、大切な友人であるユスフジョンを忘れてしまった。

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20161014034609j:plain

(剣とか買えそう)

ギルではなくスムでハサミを購入。

名前を彫ってもらうサービスをつけて、二つで80000スム也。

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20161014044258j:plain

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20161014045627j:plain

 

カラーンミナレット

f:id:sugiyuamayuji19891004:20161014041731j:plain

(聳え立つミナレット)

このミナレットは町中が崩壊した大地震に耐え、そしてチンギスハーンにも破壊されなかった。1819世紀には死刑場となり、袋につめた死刑囚を上から投げ落としたので【死の塔】といわれていた。

 

アルク城

f:id:sugiyuamayuji19891004:20161014041754j:plain

(アルク城の門前)

歩かないけどアルク城。ブハラハン国の歴史を感じられる。

英語orウズベク語のガイド付きで7500スム。

 

バラハウズモスク

f:id:sugiyuamayuji19891004:20161014034802j:plain

 

建物のまえに小さな池がある。アイヴァンという建築様式。

 

ギシュドバン

f:id:sugiyuamayuji19891004:20161014041945j:plain

(スザニ刺繍をするオパ)

リシタンと対をなす西の陶器工房、ギジュドバン。

リシタンで作られる陶器が青ならば、ここで作られるものの多くは薄緑や茶色。ウズベキスタンの歴史を感じられる品だ。

 

ブハラ日本人墓地

f:id:sugiyuamayuji19891004:20161014042130j:plain

(おそらく石碑)

墓マイラーはこんなところにもあらわれるのだ。

地球の歩き方中央アジアに掲載されていた在ウズベキスタン日本人墓地。地図をみてもぶっちゃけ場所がよくわからなかったいから現地人に場所を尋ねながら辿り着いた。

しかし暗くて何も見えない。

 

おそらくここかな?と思うような石碑を発見し、写真を撮影する。

 

【関連記事はコチラ】


まとめ 

ウズベキスタンの西の都市ブハラは、華やかな新市街と対を成すようにひろがる旧市街地がとても魅力的な街でした。もう1日くらいいれたら楽しめただろうなー。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

これであなたもウズベク人。