YUJImedia.com

人生を複利運用するブログ。

【セブ島留学】世界有数のビーチ、モアルボアルとカワサン滝に行ってきました。【週末バカンス】

マガンダン・ハポン、YUJI(@wish_yama)です。

わたしは今セブ島医療英語特化の語学学校HLCA(ハルカ)に留学しています。雨季に入ったセブ島ですがなぜか雨に当てられることは少なく、快適な週末を過ごしています。今週は世界有数のビーチと名高いモアルボアルとカワサン滝へと行きました。 

 

 

はじめに

週末バカンスもそろそろ最終章に差しかかろうとしています。今週末は2箇所の観光地へ行きました。そのひとつはセブ島の高台にあるTemple of Leah(テンプル・オブ・レイア)でした。そして今日は世界有数のビーチと呼び名の高い”Moalboal(モアルボアル)”のホワートビーチへと足を伸ばしてきました。

 

▼昨日はテンプル・オブ・レイアに行ってきました。

【セブ島留学】まさに絶景!セブ・シティを見下ろす神殿”Temple of Leah”に行ってきました。 - YUJImedia.com

 

▼セブシティから日帰りで行けるオランゴ島も素敵なところです。

【セブ島留学】南の楽園、オランゴ島のビーチで水着のフィリピーナと戯れたかった。【週末バカンス】 - YUJImedia.com

 

Moalboal(モアルボアル)ってどんなところ?

 

セブ・シティより南西方面へ向かうと行き着く海岸がMoalboal(モアルボアル)と呼ばれる地域で、そこにある”White Beach”は世界中のダイバーが集まるダイビングリゾートになているようです。ダイバーのほとんどは欧米人、近年日本人ダイバーも増えているようですよ。セブ・シティからバスで片道2〜3時間前後で行けるようです。週末に日帰りビーチなんて素敵!

 

セブ・シティからモアルボアルのホワイトビーチへ。

さてセブ・シティからどうやってモアルボアルへと向かうのでしょうか?色々調べてみたところどうやらセブ・シティの”サウス・バスターミナル”からモアルボアル行きの長距離バスが出ているそうなんですね。なので宿泊先のドミトリーからタクシーを拾ってサウス・バスターミナルへと向かいます。

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20170625202753j:plain

 

サウス・バスターミナルの近くには"Eモール"というショッピングモールがあります。バス停へタクシーを乗り入れようとすると余計に10ペソかかってしまうらしいので、バスターミナルの前でタクシーを降車し、バスターミナル内のモアルボアル行きを探します。

この黄色いバスが目印です!近くにいる乗務員らしき人に片っ端から声をかけてみましょう!ちなみに長距離バスには"エアコン付き"”Wifi付き”を選べるようなのですが、今回はどちらも付いていないバスに乗りました。窓際に座ったのでエアコンがなくても快適でしたよ。むしろ吹き抜ける風が気持ちいい!

運賃は片道115ペソなので乗務員に手渡します。お釣りが足りない場合があるので、小銭を多めに用意して行きましょう。

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20170625203256j:plain

 

セブ・シティで乗車から約2時間30分後、目的の街モアルボアルに到着いたしました。思っていたより賑やかで活気のある街です!ウズベキスタンの田舎町”リシタン”みたいな勢いを感じますね。

 

▼リシタンの記事はこちらです。

【リシタン】どこの国でも初孫はかわいい、しかし祝い方は日本と一味違う - YUJImedia.com

 

ここからバイク・タクシーを拾ってホワイトビーチまで向かいます。”ホワイトビーチまでは100ペソだぜ!”なんてわかりやすく高額をふっかけてくるので、彼らを無視して、30ペソで乗せてくれる運転手を探しましょう。

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20170625203907j:plain

 

モアルボアルの街中からバイクタクシーに乗ること15分、ついにホワイトビーチに到着です!

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20170625204052j:plain

 

正午近かったためほぼ満潮でした。ビーチバレーをして遊ぶ女学生に混ざりたかった。なんとも透き通る海水、世界有数のダイビングリゾートと呼ばれるのも頷けますね。20~30分程の海水浴?を堪能して、次はカワサン滝へと向かいます。

 

モアルボアルからカワサンフォールへ。

ホワイトビーチからカワサンフォールへと直行しようとすると、100ペソ以上請求されてしまったため、ひとまずモアルボアルの街中まで戻って行きます。そこで新たに運転手をさがしてカワサン滝方面へと向かいます!

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20170625204641j:plain

 

次に乗ったのはトライシクルという補助席付きバイク・タクシーでした。”モアルボアルからカワサン滝までなら70ペソでいくぜ”との彼の言葉に、それならビーチからそのまま向かった時と同じ料金ではないかと思いましたが、時間もなかったので、とりあえずその料金で乗車します。

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20170625205000j:plain

 

道中は清々しいほどの天候に恵まれ、大自然の中を駆け抜けて行きます!

ここからは動画でお楽しみください!

 

www.youtube.com

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20170625205227j:plain

 

乗車から20分ほどでカワサン滝の入り口まで到着しました。ここから滝に向けてのトレッキングが始まります。

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20170625205500j:plain

 

行き交う観光客は現地フィリピーノだったり時々日本人の声も聞こえてきたりもしました。約15分程森の中を歩き続けます。

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20170625210407j:plain

 

この森の中を流れる川の水はどこか青くくすんでいるのです。これだけでも癒されますね。

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20170625210601j:plain

 

滝方面へ向かうのにも入場料金がかかります。この受付で40ペソ支払いましょう。滝ツボに入ったりするならそれ以上払う必要があります。

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20170625210817j:plain

 

ついに到着しました!

 

……が、ひと多すぎやしませんか?

 

滝壺を囲んで200人くらいの人が溢れかえっています。

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20170625211132j:plain

 

今日のまとめ

帰り道は偶然出会った同じHLCAにかよう留学生たちとレンタルバンに乗って帰ります。今回訪れたモアルボアルのホワイトビーチ、カワサン滝、どちらも素晴らしいロケーションなので、日帰り観光を考えている方はぜひ参考にしてくださいね!

 

■セブ・シティ→モアルボアル→カワサン滝

交通費:

サウスバスターミナルより乗車、片道115ペソ。

モアルボアル村中心部→White Beachまでバイク・タクシー、片道30ペソ。

モアルボアル村中心部→カワサン滝までトライシクル、片道70ペソ。

入場料:

White Beach、5ペソ+10ペソ

カワサン滝、40ペソ。

所要時間:合計7時間

 

合計約500ペソでモアルボアルとカワサン滝を観光することができました!

 

▼バジャウ族のコミュニティで異文化を体験です。

【セブ島留学】都市開発によって生活を追われた漂海民の村で暮らすたった1人の日本人に会ってきました。【バジャウ族】 - YUJImedia.com

 

▼スラム街で炊き出しボランティアをしてきました。

【セブ島留学】これがスラム街の現状。セブ島で週末炊き出しボランティアをしてきました。 - YUJImedia.com

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

これであなたもフィリピーノ。

 

■更新履歴

2017年6月25日