読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YUJImedia.com

人生を複利運用するブログ。

【モバイルプリンター】海外生活の必携品!ウズベキスタンでモバイルプリンターを使ってみたのでレビューします。

ライフハック

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。

旅行やこれから海外生活をはじめる上で、必需品となるものはなんだと思いますか?わたしは現地のひとを喜ばせるようなものをひとつでも多く持ちたいと考えています。今日は最近購入したモバイルプリンターの使用感をレビューします!

 

 

 

毎回印刷屋へ持っていくのが面倒…

言うまでもなく海外生活にカメラは必需品と思います。あまり知られていないと思いますが、ウズベク人は写真を撮るのが大好きで、現地で活動する隊員はカメラマンを頼まれることが多いです。そしてその都度印刷を頼まれます。もちろん料金は後日払ってくれるので苦痛というほどではありませんが、毎日のことだと多少ストレスになってしまいます。

 

モバイルプリンターって?

この現状を改善できないかと悩んでいたところ、先日フェルガナを訪れたJICA専門家がLGモバイルプリンターPocket Photoを紹介してくれました。

 

めちゃくちゃ喜ばれた

さて実際使ってみたらウズベク人はどんな反応をするんだろう。

配属先の同僚に製品を紹介してて、試しに一枚プレゼントしてみました。

すると彼女は大喜び!その場で写真を受け取れることに感動していたようでした。こんなに喜んでくれたらこっちまで嬉しくなってしまう!

 

使い方

f:id:sugiyuamayuji19891004:20161018030441j:plain

使い方は意外と単純です。

 

①モバイルプリンター専用のアプリをインストールします。

②スマートフォンやiPhoneとモバイルプリンターを、bluetoothを使ってペアリングします。

③モバイルプリンターの電源を入れて、端末の設定画面からペアリングしている機種名を選びます。

アプリを立ち上げて保存されている写真リストのなかから印刷したい写真を選びます。

⑤印刷ボタンを押します。

 

わたしはiPad mini4を使っているので、保存されている写真をデータフォルダから選びます。写真を選び終えたらそのままモバイルプリンターに転送すればOK

 

【関連記事はコチラ】

 


メリットとデメリット

f:id:sugiyuamayuji19891004:20161018030533j:plain

数日間使用してみて感じたことは、

メリット

①感熱紙という熱で色を出す印刷紙を使用しているので、インク不要。

②コンパクト(10×6×2)なのでリュックのポケットに収納できる。

③淡い色合いになるので昭和の雰囲気が出せる。

④その場で印刷して写真を手渡せる。

⑤アプリで背景デザインをかえたり、色合いを変えたりできる。複数枚の写真を合成することも可能。

 

デメリット

①印刷に1〜2分くらいかかるので本当に急いでいたら使えない。

②感熱紙の価格がやたら高い。

③本体の耐久性がやや心配。

 

もちろん便利なものにはそれなりの対価を払わなければなりません。デメリットを理解したうえで利用していきたいものです。

 

気になる価格は?

f:id:sugiyuamayuji19891004:20161018030557j:plain

ネット通販最大手のAMAZONで12715円、専用印刷用紙は30枚で1000円前後とやや割高になっています。実際に得られる人々の表情を想像すると、合計15000円くらいなら必要経費と考えてしまいますね。

 

まとめ

ひょんなことから急遽購入に踏み切ったLGモバイルプリンターPocket Photo。今後も海外旅行など様々な場面で活躍することでしょう。喜ぶ姿をみるためならこれくらいは必要経費と考えるのもひとつかもしれませんね。 

 

 

 最後までお読みいただきありがとうございました!

これであなたもウズベク人。