YUJImedia.com

人生を複利運用するブログ。

【演劇】たった1シーズンしか公開されないロシア喜劇!!その好評。

f:id:sugiyuamayuji19891004:20160203010526j:plain

 

趣味で年に一回は演劇を見に行くという人も多いだろう。女優・俳優たちが作る舞台は、その華やかさで観客を魅了する。2時間ほどのステージで体感する躍動感は、映画のそれを遥かに上回る。

続きは以下よりお読みください!

 

 

【サーカス】街で見たサーカス団は、古き良き時代を思い出させてくれる - YUJIのBLOG

 

活動を終え、いつものようにバザールで買い物を済ませる。ひいきにしている商店のガラス窓にこんなポスターを見つけた。ロシア語で書かれているため、全ての読解はできなかったが、どうやら、きたる1月31日にフェルガナのどこかで演劇をやるらしい

新たな展開に、胸が高鳴るぜ。

 

 

会場の場所がわからない!

ポスターの内容から開催日時はわかった。しかし会場の場所がさっぱりわからない。

下に”クワソイ”って書いてあるけど、クワソイに演劇をやるような場所があっただろうか……

 

やっぱり頼りになるのはいつもダンスを習っている先生。彼は様々なコンサートホールで踊っているから、こういう話にはとても詳しいようだ。

 

 

 

キレイなコンサートホール

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20160203010821j:plain

 

 

ダンスの先生から場所を教わりたどり着いたのは”МИНЛЛИ МАДАНИЯТ МАЛКАЗИ”

意味は「伝統的文化的中心?」まぁ、こんな感じ。

それにしても人の気配があまりないなぁ。建物内へ入るとこんな立看板を見つけた。

 

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20160203010859j:plain

 

フランス!?

この劇団は毎年フェルガナへ来ているらしい。

 

 

ついに劇がはじまる

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20160203010940j:plain

 

物語の内容はざっとこんな感じ。

 

「中年男性が美しい女性に一目ぼれし、デートへ誘う。自宅までつれてくることはできたが、中年男性が酒に飲まれて酔いつぶれてしまう。仕方なく同伴した女性が介抱し、中年男性が目覚めたころには女性はもう帰ってしまっていた。」

 

ミュージカル調で開始直後は興味深く観覧できたが、延々二時間、ロシア語で物語が進み、うまく聞き取れずモヤモヤ。

ロシア語もっとがんばらなきゃなぁ。

 

気がついたのは、こういう物語形式で描かれる女性はみなツンツンしている。ウズベク人の女性はたいてい気が強い。今習っているダンスでも、曲のストーリー構成はだいたい同じで、女性が「あんたなんて興味ないわよ」という態度をとり、男性が激しく求愛する。実際、町中でも同じような光景を良くみかける。

これが文化なんだなぁ。

紳士淑女という言葉を教えたい。

 

 

まとめ

入場料金:5000スム

開演時間:13:00~

収容人数:150人くらい?

全編ロシア語

 

 

 

この記事が面白かったらブックマーク!をお願いします!