読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YUJImedia.com

人生を複利運用するブログ。

【セブ島留学】と思いきや総武線に荷物を置き忘れる大失態を犯したので、懺悔します。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20170505160427j:plain

 

この荷物群を覚えているでしょうか?

そうです、わたしがセブ島留学の準備をしている時の荷物です。

今わたしは窮地に立たされています。

 

 

はじまり

事の発端はわたしがフィリピン行きの荷物を整理している時でした。スーツケース・ハンドバッグ・Patagoniaのボストンバッグ、合計3つの荷物を持って北海道から東京羽田空港へ移動していましたが、宿泊先に品川のゲストハウスを選んだんですね。

このゲストハウスは様々な国籍の人が集う場所で、ウズベキスタンではありませんが、日本にいながらどこか海外にいるような錯覚に陥る、素敵なゲストハウスでした。管理者も優しく、わたしの3つの荷物を丁寧に預かってくれたんですね。

重い荷物を置いて東京散策し、これから2ヶ月間の海外生活に向けて最終準備をしていたところでした。フェルガナで一緒に活動していた隊員とも再会を果たし、ずっと行きたかったロシア人メイドカフェにも行くことができ、もう日本にしばらく思い残すことはない、そう思いながら胸を張って翌日の成田便に備えていました。

 

事件は総武線で起きる

品川駅から成田空港まで総武線で移動し千葉で乗り換えをする予定でしたが、空港での動きに気を取られてぼーっとしていたんですね。なんせLCCは成田空港第三ターミナル発なので、成田空港についてもそこからさらに移動を強いられるんです。

成田についた後どうやって移動しようか悩んでいたところ、なんと乗り換えする千葉を通り過ぎてしまっていたんです。これはまずいと思い急いで列車をおり、反対の線路へ向かいました。

千葉駅への戻り列車を10分ほど待っていた時でしょうか、あることに気がついてしまいました。

 

Patagoniaを背負っていない……

 

そうです、気もそぞろなまま降りた総武線の車内に丸々荷物をひとつ起き忘れてしまったんです。

 

出国まであと3時間

時計を見ると時刻は午前10時30分、もしかしたら荷物を回収できるかもしれない、と期待を抱きながら駅員に事情を話します。

 

「fbゔぁfvbかjんhvfkんjvdflvんjfdksvjlkdfんvf」

 

自分でも何を話したかほとんど覚えていないのですが駅員さんからひとこと「あとは自分で処理してください」みたいなニュアンスで諭されたことを覚えています。日本は寂しい世の中になったものだ。(遠い目)

結局荷物を回収できないまま成田空港へ滑り込み、フィリピンへ出国となってしまいました。

 

覚えている限りの手続き

大慌てで駅員との話を進めたためうろ覚えでしかありませんが、その場で行った手続きを晒しますね。

 

総武線駅構内で荷物がないことに気がつく。

     ↓

改札口の駅員さんに事情を話す。

     ↓

車両に乗った時間と号車を確認される。(コレが大事らしい)

     ↓

出発時間との逆算からおそらく荷物のあるであろう車両を割り出す。

     ↓

該当駅員が荷物の有無を確かめに回る。

     ↓

見つかったら千葉駅まで送ってくれる 。

 

このような手順だったかと思います。しかし結局わたしが考えていた車両内には荷物はなく、途方にくれることとなってしまいました。すぐに事情を北海道の実家に伝え、取り計らってもらうようにしたのですが、その時のショックの大きさたるや……

なんたって起き忘れたリュックの中には各種充電用USBケーブルが入っているんですからべね、専属ライターとして活動しに行く身としては、絶望ですよ。

 

▼留学先”HLCA”の記事はこちら。

【フィリピン語学留学】歓喜!ブログのおかげで語学留学の料金を半額にしてもらえました!【20万円】 - YUJImedia.com

 

奇跡的に荷物が見つかる

 

充電の一切を失ったことに途方にくれながら出国したわたしでしたが、なんと、翌日には荷物が見つかったとの実家より連絡を受けました。さすが日本です。考えてみればこれだけ大きな荷物ですから、誰もとって逃げたりしないんですよね。見方によっては中に爆弾でも入っていそうな大きさですから。「不審なものを見かけたら、手を触れずに駅構内係員までご連絡ください。」とのアナウンスが聞こえてくるようです。

 

問題はここから

さて問題はここからなんです。東京から北海道までは何事もなく荷物が届いたようですが、次は北海道→東京→マニラ→セブなんですね。日本国内を移動するよりもはるかにリスクが高いわけです。

時間がかかるのは仕方がないとして、最悪、ロストバゲッジなんて可能性もあるわけです。怖いよう。

 

▼日本からウズベキスタンは距離の割に、100%届いていました。

【郵便局】検証結果!フェルガナから日本へ郵便物を送るには? - YUJImedia.com

 

まとめ

最後の最後まで事件は起こるものです。今現在は幸いないことに同じホテルで暮らしている友人からApple製品の充電器を借りてやり過ごしているのですが、一眼レフの充電がなくなったことに関しては対策を講じれませんでした。

しばらくは写真をiPad mini4で撮るしかないなぁと諦めております。だから綺麗な写真付きの記事をしばらくアップできないのでご容赦ください。あとは荷物が無事に届くことを祈るばかりです。おーみん。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

これであなたもフィリピーナ。