YUJImediaシーズン2

シゴト・旅・人生の楽しみ方を追求するブログ。

【自己啓発】まだ自己啓発本で消耗しているの?書いていることってこの3つだけですよね。

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。

久しぶりにこの挨拶を使いましたね。最近当ブログで使っている"マガンダン・ハポン"というのは、フィリピン語(タガログ語)の挨拶です。こうして色々な国を転々としていると、現地の言葉が好きになって行くんですね。

 

 

はじめに

f:id:sugiyuamayuji19891004:20170528184956j:plain

春といえば大学を卒業する学生たちが新社会人として社会に飛び出す季節ですね。思い返せば私も20歳代前半には新社会人として自分の仕事を頑張ろう!と意気込んでいたものです。初めて就職した先はもちろん医療関係の職場でしたがそれはもう、ゆとり最前線で育ったわたしは資格を取得する要件である臨床実習でも苦しみ、国家試験でも苦しみ、初めての就職先でも1年目は毎日もがいていました。

 

▼こんな鬼気迫る記事も書いています。

【断捨離】目標を達成するためにわたしが捨てた5つのもの。【競技スポーツ】 - YUJImedia.com

 

”学生レベル”の新卒1年目

一人暮らしをしていたため仕事の悩みをすぐに相談できる相手もおらず、自分の仕事のできなさにただただ途方にくれる日々でした。同期たちはそれでも楽しそうに仕事をこなしているし「なーんで自分だけ先輩たちから怒られてんだろなぁ……」と思いつめて、海辺でひとりきり缶ビールを開ける、なんて時期も。

 

「仕事ができる社会人になりたい!」

 

そう思い読み漁ったのが、いわゆる”自己啓発本”の数々でした。

仕事終わりに職場近くの本屋さんへ立ち寄っては新しい自己啓発本を探す。面白いものでわたしのニーズを察知しているかのように、日々新しい自己啓発本が出版されていました。もちろん「夢を叶えるゾウ」シリーズは通勤中のバス内で全巻読破しました。

 

そもそも自己啓発本って何?

そもそも自己啓発系の本ってなんなんでしょう?

自分の夢を叶えるために、必要なエッセンスを自己啓発本から学びとっていく。自己啓発系の本に対しそんなイメージを抱いていました。書籍に向かうスタンス自体は間違っていないでしょうし、書籍を読んで一切の行動にうつせる人が少ないことも知っていました。だから本から学んだことを手帳にメモって、それを毎朝見返していました。それが自分を変える方法だと信じていたから。

 

自己啓発本なんて読んでるの?

ある日自宅に来た友人がわたしの本棚におかてれいる大量の自己啓発本をみて、ことを言い放ちました。

 

「自己啓発本なんて読んでるの?」

 

自己啓発本”なんて”ってどういうこと?スムーズな仕事の仕方や思考スキルを学ぶことができるのは書籍からだと信じていたわたしは、ショックを受けました。なんでこんなことをいうのだろう。自己啓発本を読むことっていけないことなのだろうか?そんな不安がよぎるとともに、その友人の言った言葉の意味を解釈していることにしました。

 

自己啓発本は全て書いていることが同じ

自己啓発本なんて読んでるの?と言い放った友人は決して普段から読書をしない人間ではなく、むしろ人の何倍も本を読む読書家です。その人が自己啓発本なんて読んでいるの?というからには何か含みがあるに違いない。友人が言った言葉の意味をわたしなりに考え続けていたのです。

そして最近その答えに近づいて来ました。

それが”自己啓発本は基本的に全て書いていることが同じ”ということでした。

 

大切なのはたった3つのこと

同僚と仲良くしましょう!

 

大きな声で挨拶を毎日しましょう!

 

身なりを整えましょう!

 

わたしの読んだことのある自己啓発本に書いてあることの多くはこう言った内容のものが多く、確かに書いてあることを実行していくことで仕事がスムーズに進むようになったり、人間関係が良くなったりしていくのがわかりました。でも何冊も同じような書籍を読んでいるとある共通点に気づくことになりました。

それが、

 

”ほとんどの自己啓発本の根本は同じ”

 

ということでした。

多くの自己啓発書籍の根本にあるのは以下のたった3つのことだけだったんです。

 

■自己分析:自分を客観視すること。

■問題抽出:目指すところと照らし合わせること。

■目標設定:内面を高めること。

 

逆にいうとこの3つの基本姿勢さえ身についていれば自己啓発本なんていらないっちゅーことなんですね。あの友人が言っていたことはこういうことだったのでしょう。

 

だから自己啓発本をやめた

このポイントに気がついてからは自己啓発系の書籍を読むことを一切やめました。というか興味がなくなってしまいました。だってタイトルをいただけでだいたい本の中身がわかってしまうんですもの。それで試しにペラペラめくってみたらご名答だったり。

なのでわたしは自己啓発本を読むことをやめました。こんなものを読んでいるくらいなら語学の勉強をしている方が100倍楽しいし、身になります。読むよりもブログを書いて発信している方が何倍も勉強になるし。

本を読むことも大切ですが、一つの経験はそれの効果を上回りますよ。

 

▼20代前半ではいろんな趣味をはじめました。

【趣味の話】わたしが20代で新しくはじめた趣味を15選!目次から好きなことを選んでください。【料理】 - YUJImedia.com

 

今日のまとめ

ただわたしは”自己啓発本は読まない方がいい”と言いたいわけではありませんのでご理解くださいね。わたし自身多くの書籍を読んで今の結論に達しているわけですし、頭から非難したいわけじゃないんです。読まないよりは読んだ方がいいと思います。しかし自己啓発マニアになってはいけない、そう言いたいんです。

自己啓発本の多くは、ある成功体験に基づいて書かれています。成功した彼らがどんな思考で仕事に向かっていたのか、それを考えることができれば自ずと答えは出てくると思いますよ!

 

まんがでわかる 7つの習慣

まんがでわかる 7つの習慣

 

 

漫画版ですが原著よりわかりやすく読めました!

久し振りに思いのままに記事を描いてみましたが、たまにはこんな記事も描いていて面白いですね。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

■更新履歴

2017年5月28日