読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YUJImedia.com

人生を複利運用するブログ。

【サブタイトル】サブタイトルを変えてみた。その理由を語ってみる。【人生を複利運用するブログ】

雑記

アッサロームアライクン、yuji(@wish_yama)です。

年の瀬が近づき、街中がそわそわしてきました。ウズベキスタンでは年末年始にサンタさんが来るんですよね。なんだか違和感を感じますが、そこが文化の違い。「サンタさんはクリスマスにくるものだ!」という規制概念をぶち壊してくれます。

 

  

 

複利ってなんのこと?

突然で恐縮ですが、今日は経済のお話です。投資の世界にはパッとみただけでは意味のわかりにくい言葉が多くあります。その1つが複利運用です。複利とは単利の対義語なのですが、先日、複利について深く考え込むことがありました。今回はそのことについて書いていきたいと思います。

 

複利と単利の違い

世界一の投資家であるウォーレン・バフェットは、一代で莫大な資産を作り、自身が筆頭株主兼CEOとなって投資会社バークシャーハサウェイを設立しました。その資産は618億米ドルを超えるといわれており、世界長者番付では、かのビル・ゲイツを凌ぎ1位となっています。ざっくりいうと、彼が行っているのは株式の複利運用なのです。

 

また相対性理論を提唱したアルベルト・アインシュタインは、「複利は人類史上最大の発見である」と言っています。彼らが口にする複利運用とは一体どういうことなのでしょう。まずはそこの理解からはじめたいと思います。

 

単利・複利といっても、投資に造詣の深い人ならまだしも、一般の人には意味がよくわかりませんよね。実際にいくつかの例を挙げて考えてみます。

 

例えば、いま手元に100万円あるとします。これを銀行などで年利2%、単利で10年運用するとどうなるでしょうか?ここでは税金や金利変動のことは考えないこととします。リアルな投資では利益に対して約20%の税金がかかるので、よく勉強してから取り組んでください。

 

【単利】100万円+(1×利息2%)×10年=120万円

 

10年運用すれば20万円の利益となり、合計120万円になりますね。運用益としてはなかなか悪くないように思います。

 

次に、年利2%を、複利で10年で運用するとどうなるでしょうか?

 

【複利】100万円+{(1×年利2%)×(1×年利2%)......10年}=121万8,994円

 

10年で21万8,994円の利益となり、合計121万8,994円になります。ここで単利との差が2万円近くついていることがわかります。え、計算式が違っているって?雰囲気で感じ取ってください。

※数学が苦手なので計算式の誤用はあしからず。

 

さて、世界の株価上昇率を押しなべて見るとその上昇率は年間10%といわれています。これも単利と複利で考えてみましょう。

 

【単利】100万円+(1×年利10%)×10年=200万円

 

【複利】100万円+{(1×年利10%)×(1×年利10%)......10年}=259万3,742円

 

なんと単利と比べると複利では60万円近くの差がついてしまいました。たった10年でここまで差が出るんですね。単利と複利の存在を知っているだけで、これだけの差が出るんです。存在を知らないならまだしも、興味があるならこれを利用しない手はないと思います。

 

複利の絶大的な効果

この複利の考え方では元本また年利が大きければ、10年後の利益は大きく変わります。運用方法を変えるだけで、その利益率が大きく変わってくることがお分かりいただけると思います。そして初期投資の額が大きければその後の年利も倍々になっていくというわけです。

 

つまり時間がモノをいう世界ともいえます。早くとりくめば、開く花は正の二次関数的に大きくなっていくのです。

 

これってそのまま人生の考え方と同じ

さてここで元本と年利を人生に置き換えてみましょう。

元本をわたしの「いまの能力値」、年利を「経験値」とします。今もっているいまの能力値を、経験値で10年間複利運用するとどうなるでしょう? わかりやすくするために、ここでは仮に10%複利運用で考えてみます。

 

【複利】いまの能力値+{(1×経験値10%)×(1×経験値10%)......10年}=単利より広い見識と人格

 

こう言いかえることができませんか?

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20161206225635j:plain

(ユスフジョンとケリン人形) 

■わかっていただけると思いますが、わたしが伝えたいのはさぁみんなで投資をしよう!ということではありません。今の自分の能力と照らし合わせて複利運用し、それを継続することで、10年続けばその到達値は、単利と6倍も差がついてしまうのです。わたしはいつも「人生の満足度を左右するのは習慣である」と考えています。日々続けていることがやがては人格形成に影響を及ぼしていくもです。

 

【関連記事はコチラ】

 

 

 

今回は経験値を積み重ねることが大切であると書きました。そしてあえて「努力値」と置き換えるのはやめました。結構好きな言葉なんですけど、現代の世流からはややかけ離れているように思うのでね。経験の数がものをいう世の中に変わってきていますから。努力を向ける矛先を考えるフェーズに入っているでしょう。

 

つまり課題に対する単なる努力ではスピード感が遅すぎるのです。解決方法はネット上にいくらでも転がっているので検索できますし、もちろん専門家に尋ねることも有効です。一昔前と違ってそのためのツールだって沢山あります。ネットなどを使って外へ目を向ける努力をしなければ、急速な時代の変化に対応できないのです。

 

まとめ

人生を複利運用するブログ。

 

過去といま、そして将来の自分の姿と照らし合わせながら、そんなことを考えて当ブログの新しいサブタイトルとしました。高校生だった10年前には、27歳の自分が海外で暮らしていて、現地語を使いながら仕事をしているなんて思いませんでしたし。そんな風に考えると、少なくとも年利5%くらいの経験は積んでこられたのかもしれません。

 

いまの経験を複利運用することで、10年後にはどんな姿になっているでしょうか。願わくば年利10%くらいを目指し、より広い世界を俯瞰できるようになっていたいのです。そんなことを楽しみながらおおくの経験をつんでいく人生にしたいものです。

 

人生で一番活動的になれる20代を、仕事だけに費やすなんて辛すぎる。どうせやるなら最大限に楽しみながら取り組んで生きたいのです。いつも好きなことに取り組んでいる、いっそ熱中するくらいのほうが、年利は大きくなると思いますよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!