YUJImedia.com

人生を複利運用するブログ。

池上彰のやさしい教養講座

前回同様、教養の必要性について考えてみます。

世界を知るには、まず日本の歴史現代史を知ることから始める必要がありそうです。日本はこれまで様々な社会問題に直面してきました。第二次世界大戦の敗北や米国との安全保障条約、沖縄の米軍基地在中、高度経済成長にともなう公害問題、バブル崩壊オウム真理教地下鉄サリン事件、そして2011年に起こった東日本大震災原発問題。。。

様々な社会問題や災害に見舞われています。歴史に「もしも」はありません。起きてしまったことは受け入れるしかないのです。起こった事象から教訓として学び、その後に活かしていく姿勢が必要です。しかし、現代の日本社会では規制が厳しく、メディアでは一方向的・一元的な情報の享受しかできないように感じます。

戦後の社会を経験しておらず危機に対する現実感の無い世代にとって、現代社会を学ぶことはそのまま「生きる力」に繋がると考えます。

今後の動きを見据えて、今やるべきことを炙り出していきましょう。