YUJImedia.com

人生を複利運用するブログ。

クバソイ「自然が溢れる場所」

フェルガナ市中心部から西へ30分ほどタクシーで移動すると、キルギスとの国境に位置する「クバソイ」という町に着く。

 

 

f:id:yujisugiyama:20150910015344j:plain

 

 

 

 

 

クバソイにある”らしい”湖へ向けて出発。

地図にもどうやらそれらしいところはあるようだ。

 

 

しかし、ある道にさしかかると、警察官に「この先は行けないよ」と門前払いをくらってしまう。

 

 

う~ん、最近雨も降っていないし、できれば水場で遊びたいんだよぁ。

念を押してみるが、そこは警察官も退かない。

 

 

ー運転手さん、いいところ知らない??

 

ーこの山を越えると、小さな湖があるよ

 

 

 

 

f:id:yujisugiyama:20150910015914j:plain

 

 

 

そんなわけで運転手に連れてきてもらったところは、ここ。

 

 

 

f:id:yujisugiyama:20150910020131j:plain

 

 

 

f:id:yujisugiyama:20150910020151j:plain

 

 

 

ほとんど人気のない地域で、おそらく日本人初上陸ではないだろうか。

 

 

 

f:id:yujisugiyama:20150910020508j:plain

 

 

 

拡がる草原と川のせせらぎは、砂漠地帯の厳しい環境を忘れさせてくれる。

 

 

f:id:yujisugiyama:20150910020513j:plain

 

 

澄んだ川の水の源流はどこなのだろうか。

 

 

f:id:yujisugiyama:20150910020438j:plain

 

 

足こぎボート(最大乗員6名)にJOCV3名と、添乗員風の男性1名が補助に乗り込む。

しかしこの湖、先ほどの澄んだ川の水に比べ、汚染が激しい。

浮いているのは油?ヘドロ?この自然豊かな地域にも、生活汚水の問題はあるのだろうか。

 

 

「沈むかもしれない」

一抹の不安に煽られながらも、湖を周回する。

 

 

f:id:yujisugiyama:20150910020439j:plain

 

 

旅の思い出に、と思ってくれたかどうかは分からないが、こんなものをくれた。

これの名前、なんだっけ、思い出せない。

 

 

予定変更により行き着いたクバソイは、都市開発の進む市街地の喧騒を忘れさせてくれる、自然豊かな場所だった。