YUJImedia.com

人生を複利運用するブログ。

【リシタン】久々に訪れたその地域は依然として途上国らしい空気を感じさせ、私は小皿に絵を描かざるを得なかった

フェルガナ市内からタクシーでおよそ30分に位置する町”リシタン”

ここにはウズベキスタンを代表する日本語センター「NORIKO学級」があり、毎年日本への留学生を数名輩出している。

  

f:id:sugiyuamayuji19891004:20151006192216j:plain

   

 

 ”RISHTAN JAPAN CENTER

   

「私たちはここで日本人のために働いています。何か困ったことがあれば何時でも言ってください。」と話すのは、センター長のナジロフ・ガニシェル氏。事前に連絡をすれば、センターに通う生徒たちへ体験授業を行うことができるようだ。日本からの手土産を持って行くと、子供たちも大喜びだ。

  

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20151006193400j:plain

 

 日本語センターのすぐ近くにある陶器工房、そこで作られた色鮮やかな小皿は1000スム、大皿でも10000スム程度で購入できる。また焼かれた無地の皿に自分で絵柄を描くこともできる。

   

f:id:sugiyuamayuji19891004:20151006194702j:plain

 

 左手に持っているのがわたしが描いた小皿。

ピカソ並のセンスに脱帽。

  

f:id:sugiyuamayuji19891004:20151006194932j:plain

 

 一晩乾燥させて出来上がったのがコレ!!

  

f:id:sugiyuamayuji19891004:20151019000628j:plain

 

 お!結構いいかんじに焼きあがっている!!2枚小皿を描いて45000スム、日本円だと約2000円程度。

  

是非一度、立ち寄っていただきたい。