読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YUJImedia.com

人生を複利運用するブログ。

【コラム】このブログを立ち上げて半年で気がついた、ブログ運営で気をつけたいこと

ライフハック

 協力隊に理学療法士として参加することをきっかけにブログを立ち上げた。当初は現地の様子や文化生活背景、活動のことなど発信するつもりでいたがいざ運営をはじめると思いのほか楽しく、自分の知っている知識をたくさんの人に知ってもらいたくなった。

しかし楽しさと同時にある悩みが生じている。

近頃は、より上質な情報を発信できるようにと、わが身を省みているところである。   

そこで今回はブログ運営をはじめて感じた弊害を"ブログあるある"として紹介したい。

   

f:id:sugiyuamayuji19891004:20151011214640j:plain

   

   

ブログ更新が生活の中心になってしまう

ブログを始めようと思い立ったは良いものの、一日中ブログのネタを探すようになってはいけない。 ブログを更新することで生計をたてているのならば話は別だが、基本的には趣味の領域にとどめておきたい。

   

 

ブログカスタマイズで気がつけば2時間経過している

ブログのカスタマイズは終わりがない。より良いものを求めようとすると、気がつけは2時間座りっぱなし、ということもザラにある。"ブログの更新は1日1時間!”などとルールを設けたほうが精神衛生上良いだろう。

 

   

他人のブログばかり気にしてしまう

自分のブログを良くしたい思いが強すぎて、他人のものと比較してしまうことも往々にしてある。しかしそれでは没個性的になってしまい、魅力に欠ける。

あくまでオリジナルの、自分が運営しやすいスタイルを追求すべきだろう。

 

   

興味の幅が広がる

コレはどちらかというとメリットといえるが、「この題材で文章を書いてみたい」と思うことが多くなった。同時に文章構成力や語彙力を高めたいという欲求が強くなってきたように感じる。

 

   

色々なブログサービスを利用したくなる

ブログ運営を始めて半年で、4つのブログサービスを利用した。アメブロ・FC2・シーサー・はてな……各サービスごとにメリット・デメリットがあるため、できれば多くの情報を得た上で吟味して、適当なブログサービスを使いたい。

  

以上、ブログをはじめて約半年で感じた”ブログあるある”を紹介した。ブログサービスは情報時代である2000年~を代表する革新的な仕組みであるように思う。しかし同時にいくつかの弊害も生じる。くれぐれも上記のようにならないように運営していただきたい。