YUJImedia.com

人生を複利運用するブログ。

【誕生日】わたしがしてもらった誕生日を思い出し、そして今度は生徒の誕生日を祝福する

f:id:sugiyuamayuji19891004:20151108221701j:plain

11月8日、今日は言語センターの生徒の誕生日パーティーに招かれた。会場はいつも授業をしている建物の3階、日本語教室。以前に自分がしてもらったことの恩返しにと準備から手伝いに参加した。

 

 

いよいよ本人が登場し誕生日会を始める。しかし準備から開始まで約2時間……すこし効率的な物事の進め方を教えたほうがよいかもしれない、と細かいことは頭の片隅に追いやり、彼に最大の祝福を伝える。そう彼の名前はアクバル。この言語センターのムードメーカー的人物で、今年18歳になったらしい。

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20151108222019j:plain

 

わたしは事前に聞いていなかったのだがどうやら生徒のみんなからプレゼントがあるらしい。と、おもむろに取り出してきたのは5×10cm程度のちいさな封筒。封筒には小さな”スマイル君”が描かれている、いつも笑顔の絶えない彼をイメージして描いたのだろう。ふと気になったことを聞いてみる。「なかには何が入っているの?」すると封筒を渡したノデル君がこう言った。

お金です

以前にホームステイ先の家族の結婚式へ参加したときに現金で100ドルを渡したことはあるが、学生同士でも同じように現金を渡すのが恒例らしい。

 

終始笑顔のアクバル君を挟んで、いつも授業で使っている机を使い合わせに並べて談笑しながらケーキを食べる。

すると「わたしケーキを食べ終わったから帰ります。」と生徒が2名が帰宅する。ほう、自由だ。なんというかウズベキスタンらしい。

 

すべての生徒がケーキを堪能し満腹そうな表情。

ひと段落ついたところである提案をしてみた。

これからゲームをしてみませんか?

 

なんだか小学校のときに担任の先生がこんなことをいっていた気がする。当時の彼に近づけているだろうか。簡単なレクリエーションを提案すると、みんなが賛成し机をよける。

 

 

あやとり

ルールは簡単で立った状態の10~12人で円を作り、隣の人と手をつなぐ。このときに腕を左右交差するのだ。この状態から「せーの!」の掛け声で腕が伸びるように円を作る。交差している腕は複雑に絡み合い、綺麗な円を作るのには一苦労する。

 

 

前後左右

”あやとり”と同じように円を作り、掛け声とともに「前後左右へ飛ぶ」のだ。レベル1は通常通りの掛け声で、レベル2は掛け声とは反対に飛ぶ。手を繋いでいるから間違った方向へ飛ぶと体がぶつかってしまう。

 

なんと想像以上にどちらのゲームも大盛り上がり!!「はじめてやったのでとても楽しかったです。」と笑顔の生徒たち。こうやって自分が提供したものを言葉で示してくれるととても嬉しいものだ。

 

f:id:sugiyuamayuji19891004:20151109041829j:plain

 

主賓であるアクバル君はわたしがしてもらったときと同じ様に耳をひっぱられて喜んでいたようだ。18歳の誕生日を心の中に刻んでくれると嬉しく思う。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。では仕事に戻ります。

この記事が面白かったらブックマーク!をお願いします!