読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YUJImedia.com

人生を複利運用するブログ。

【ANA】これで国内の移動はタダ?ANAマイルの貯め方を極限まで最大化してみた【マイル】

アッサローム・アライクン、YUJI(@wish_yama)です。

こんな記事を書くのは初めてなんですが、書き出すと楽しく、気がつくと4000字近くの記事となっていました。ANA航空機にタダ乗りする方法です。

 

 

はじめに

青年海外協力隊として活動することを考えたときにはじめにまず考えるのが、移動方法でしょう。特に首都圏外に住んでいる人は東京で行われる二次試験にいくとき、また訓練所へ入るとき、そして赴任するときにかなりの長距離移動をすることになります。

そのとき住んでいる地方によってJALを使うのかANAを使うのか異なりますね。

わたしの住んでいる北海道からはANAを使うことが多かったのですが、このANA便をほぼタダ乗りできる方法があるのを知っていますか?今回は最近わたしが凝っているANAマイルの貯め方について紹介したいと思います。

 

マイルって何?

そもそもの話なのですが、マイルって何だかわかりますか?実はわたしもマイルの存在や有用性について知ったのは派遣されている最中だったのです。隊員からマイルの話を聞き「わたしの生活スタイルだったら使わないと損だ!」と思い、情報収集をして見ました。

マイルとは航空連合のワンワールド・スターアライアンス・スカイチームが提供しているポイントです。日本でいうとJALはワンワールドに、ANAはスターアライアンスに属しています。この航空連合は日本国内だけでなく、世界中の航空会社が所属しているんですね。なので国際線を多く使う人はどの航空連合に属しているか調べてみると良いでしょう。

そしてマイルを貯めると、貯めたポイント分だけ飛行機に乗ることができます。これはシーズンや搭乗するクラス・また片道か往復かによって変化するのですが、例えばわたしがよく利用する新千歳−羽田空港間なら片道5000マイルあればいいのですね。新千歳–沖縄間でも8500マイルで搭乗可能です。

 

▼ANAマイルチャートの早見表はコチラ

シーズン・必要マイルチャート│ANA国内線特典航空券│マイルを使う│ANAマイレージクラブ

 

ANAマイルをどうやって貯めるか

では肝心のマイルをどうやって貯めるかなのですが、マイルの貯め方には大きく2種類あります。ひとつは王道の”航空機搭乗で貯める”です。1回搭乗すると大量のマイルを獲得できますが、いかんせん、この方法ではお金がかかって仕方ありません。ふたつめは”飛行機に乗らないで貯める”です。そのまま名前の通り飛行機に搭乗しないで貯める方法です。

ここで多くの方は「え?飛行機に乗らないでマイルを貯められるの?」と思うでしょう。通称”陸(おか)マイラー”と呼ばれる人たちはこの方法を使ってマイルを貯め、飛行機にタダ乗りしているのです。

 

▼よくお世話になっているブログです

ANAとマイルのパパじゃない

 

ではこれからわたしが実践しているマイル錬金術を紹介しますので参考にしてくださいね!肝となるのは日々生活の中でマイルを貯めることです!

 

具体的方法論

上述したように肝となるのは”日常生活全てをマイルに変える”ことです。

 

格安SIMの利用で20マイル〜加算

まずは巷で話題の格安SIMです。この格安SIMでもマイルを貯めることができるんですね。わたしが使っているのはANA MILAGE SIMです。何とこのSIMは保有しているだけでマイルを貯めることができるんです。

 

■契約時:250マイル加算

■毎月:20マイル加算

■通信量:残Mb数300につき10マイル加算

 

このように大手au・docomo・SoftBankなどのSIMからANA MILAGE SIMに変えるだけでマイルを貯めることができるんですね。

ただデメリットもあります。

格安SIMは諸設定を本人がやる必要があるし、首都圏ならまだしも北海道などの地方ではまだまだ通信速度が遅いです。そのあたりの自分の生活スタイルと照らし合わせながら使用するか決めた方が良いでしょう。

協力隊員なんかは現地で通信速度の遅い、地域によっては使えないような場所で生活していたでしょうからこの辺りのハードルは低いでしょうね。

 

スタバチャージ一回につき20マイル加算

f:id:sugiyuamayuji19891004:20170502151311j:plain

(北海道限定スタバカード)

次はわたしがよく利用するStarbucksカードへのチャージです。クレジットカードと紐付けしてスターバックスカードを利用するだけでANAマイルが溜まっていくんですね。スタバをよく利用する人は設定しておくと便利ですよ。

 

■カードへのチャージ:チャージ額2000円で20マイル加算

■スタバwebサイトから事前にクレジットカードとの紐付けが必要。

 

▼スタバの公式Webサイトはコチラ

Starbucks Coffee Japan - スターバックス コーヒー ジャパン

 

トリップアドバイザーへの投稿で5〜20マイル加算

大手旅行サイト”トリップアドバイザー”へのレビュー投稿でもマイルを貯めることができます。レビューが少ない施設であればあるほど加算されるマイル数は多いようです。わたしも北海道・東京・ウズベキスタンなどで利用したホテルやレストランのレビューを書いて、マイルを貯めています。

 

■トリップアドバイザー:宿泊や利用レビューで5〜20マイル加算

■ANAwebサイトから事前の紐付けが必要。

 

特に海外のホテルやレストランは日本人利用者が少ないところも多いでしょうから、加算率も良いみたいですよ。

 

Booking.com:宿泊予約で加算

大手宿泊予約サイト”Booking.com”でもマイルを貯めることができます。Booking.comを経由してホテルを予約すると宿泊料金200円→1マイルで還元してくれます。4000円のホテルに宿泊すれば20マイルたまりますね。

 

■Booking.com:サイト経由の宿泊予約で200円→1マイル加算。

■ANAwebサイトから事前の紐付けが必要。

 

Tポイントカード500ポイント→250マイル加算

f:id:sugiyuamayuji19891004:20170502151725j:plain

(Tポイントカード)

まだまだありますよ。みなさんの財布の中にあるTポイントカードでもマイルを貯めることができます。還元率は500ポイントで250マイル加算。普段何気なく買い物などで使っていたTポイントカードがこんな風に役立つんですね。ファミリーマートの利用頻度が増えました。

 

■Tポイントカード:500ポイント→250マイル

■マイルに変えると気にはWebサイトから申請が必要

 

ちなみにローソンなどで発行できるPontaカードはJALマイルに変えられるようですよ。

 

楽天Edyチャージで200円→1マイル

電子マネーでもマイルを貯めることができます。わたしが利用しているのは”楽天Edy”ですが、SuicaやPASMOなどでもマイルを貯めることができるようですよ。

 

■楽天Edyチャージ:200円→1マイル

■店頭でチャージする必要がある。

 

これもクレジットカードからのオートチャージを設定しておけば自動的にマイルを貯められますね。

 

マイレージクラブでショッピング

ANAが運営しているマイレージクラブで買い物をすると、利用金額や回数によってマイルが貯まります。わたしがよく利用するのは友人の結婚式などの贈り物として送る花を、このマイレージモール経由で買ったりしますね。

あとは季節ごとにケーキやプレゼントを送るときにこのマイレージクラブを利用しています。還元率は提携ショップによって違うので確認してみてくださいね。

 

わたしの使っているクレジットカードはコレ!

f:id:sugiyuamayuji19891004:20170502151358j:plain

(ANA AMEXカード)

ここからが陸マイラーの肝となる部分です。クレジットカードの利用でマイルを爆速で貯めましょう!わたしが使用しているのはANA AMERICAN EXPRESSのクレジットカードです!100円の利用で1ポイント貯まる、陸マイラー必携のカードですね!貯まったポイントを1ポイント→1マイルにすることができます。

 

■使用カード:ANA AMERICAN EXPRESSカード

■年会費:7000円

■マイル移行手数料:6000円

 

マイルの有効期限は3年ですから3年に1度、移行手数料6000円を払えば年額2000円で良いんです。 実はそれまで年会費2000円のANASuicaカードを使っていたんですが、北海道の地下鉄やバスではマイル提携していないらしく、マイルをあまり貯められなかったんですね。下調べ不足でしたが、良い勉強になりました。

 

最強のマイル錬金法

以上の方法を掛け合わせると自分の生活リズムの全てをマイルにすることができます。

 

■普段使いのSIMカードをANA MILAGE SIMにする。

■宿泊予約をマイレージクラブ経由のBooking.comでする。

■宿泊後にトリップアドバイザーでレビューする。

■スタバのチャージをANAクレジットカードからする。

■コンビニでの買い物をANAクレジットカードと紐付けした楽天Edyでする。

■贈り物はANAマイレージモールからする。

■航空便はなるべくANAを利用する。

■上述の支払いをANA AMERICAN EXPRESSで決済する。 

 

これらのことを意識的にするだけでマイルが爆速で貯まるんです。この仕組みの肝は間違いなく ANA系のクレジットカードを使用することですね。年会費がかかってしまいますが、そのリターンは大きいですよ!あとネックになるのはそれぞれの紐付けですが、これらのことを面倒臭がらずにやるだけで、飛行機にほぼ無料で乗ることができます。

このほかにANA株も所有しているので、こちらの方法でも格安で航空機に乗ることができますね。

 

まとめ

以上が、わたしが実践しているマイル錬金法でした。なんだか書いているとアフィリエイト記事のようになってしまいましたね……でもこの方法を知ってから無理に格安航空を使わないで「今回は少し高いけどANA便に乗ろうかな、マイルも貯まるしね」なんて考える、気持ちの余裕が出てきました。

先月は出費が重なったこともありますが、わたしはこの方法で1ヶ月で10000マイル近く貯めることができました。飛行機に無料で乗ることができるかもしれないという気持ちの余裕が、仕事に活力を与えてくれているのかもしれませんね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

これであなたも陸マイラー。

 

■更新履歴

2017年5月2日