YUJImedia.com

人生を複利運用するブログ。

【セブ島留学】医療英語特化のHLCAってどんな語学学校なの?留学中のわたしが解説します。

マガンダン・ハポン、YUJI(@wish_yama)です。

セブ島の機構は高温多湿で、季節は大きく乾季と雨季があります。常夏でビーチもあり、リゾートのイメージが強いセブ島ですが、実はいま語学留学が激アツなんです。

 

 

はじめに

青年海外協力隊員としてウズベキスタンで活動していたとき、自分の圧倒的な英語力のなさを痛感したんですね。現地語であるウズベク語で英語を習ったりしていましたが、今後理学療法の国際分野で活動するときに、最低限のコミュニケーションを英語で取れる能力が必要だと思いました

 

▼言語の違いからくるカルチャーショックには慣れが必要です。

【コラム】言語の違いから生じるカルチャーショックにどう立ち向かっていくのか - YUJImedia.com

 

なんでセブ島に留学するの?

帰国後に留学することを考えたときにまずお金の問題が浮上してきました。協力隊員として派遣されている2年間で約200万円の貯蓄はできましたが、普通に使えば1年くらいでなくなってしまいそうな額です。なるべく格安で留学できるところを探したところ、高額な旅費のかかるヨーロッパや欧米圏は除外されて、最後に残ったところがフィリピンだったんです。

”フィリピン留学”とGoogle検索をかけるとたくさんのレビュー記事がヒットしました。どうやら日本からの航空券も安く、VISAも降りやすいとのこと。東京成田空港から出航しているVanilla Airを使えば片道10,000円を切ることもあるようです。

 

▼北海道からの直行便はまだ2017年現在就航していないので注意してください。

【セブ島留学】北海道からセブ島に向かう直行便があればよかった。【ついに出国】 - YUJImedia.com

 

フィリピンはアメリカやスペインに統治されていた過去もあるため、多言語が話されています。特に英語はネイティブと遜色ないほどきれいな発音と聞きます。ならばセブ島で短期集中英語を学ぶこととしました。

 

どうやって学校を選ぶべきか

どの留学に留学するか本当に悩みました。多くの場合”留学エージェント”と呼ばれる仲介会社を利用します。キャンペーンで10,000円引きをうたっているエージェントや、留学全般のサポートもしてくれるため、初めてのセブ島留学を考えたときに相談してみるのもいいでしょう。

 

▼留学エージェントをまとめたブログもあります。

【徹底比較!】おすすめの留学エージェント5選 | LIFE SAVER

 

有名どころでは日本語禁止の”サウスピーク””ターゲット”などがあり、それぞれTOEICやILETSの得点向上を目的にしていたり、ワーキングホリデーの直前にセブ島留学を考える人もいるみたいですよ。

 

▼先日ご一緒したMasayaさんはブロガー無料招待でサウスピーク留学していました。

ワーホリで後悔している人は「フィリピン留学」でリベンジを! | イナタビ

 

▼同じくサウスピークに留学していたテツヤマモトくんのブログです。 

英語プレゼン大会でサンシャイン池崎をコピーしてみた。 - 面白ハンター

 

どうしてHLCAを選んだの?

わたしが留学先にHLCAを選んだ理由は、専門である理学療法の分野を深めたいと思ったことでした。国際化の進む医療分野で英語で仕事ができることはかなりの強みになります。どうせ留学するなら専門分野の裾野を広げたい、というのが当初のモチベーションでした。

思い立ったったらすぐに行動に移してしまうのが困ったところなのですが、早速WebサイトからHLCAの代表に直接メールをします。すると意外や意外、ブログ記事を書くことで特別枠を作ってくれるとのことでした。これはもう即決でしたね。

 

▼わたしがHLCAで2ヶ月留学することにした決め手はこれでした。

【フィリピン語学留学】歓喜!ブログのおかげで語学留学の料金を半額にしてもらえました!【20万円】 - YUJImedia.com

 

HLCAってどんな学校?

f:id:sugiyuamayuji19891004:20170606211046j:plain

(HLCAの入り口)

HLCA(HAPPY LIFE CEBU ACADEMY)は看護師資格を持つ海仲由美さんとフィリピン人のBonuさんが代表を務める、医療系英語に特化した語学学校です。セブ島内でも治安の良いIT PARK内に施設を構えている日本人経営の学校です。

2015年に設立され、一般英語コースと医療英語コースがあり、現地人講師は全員医療系有資格者(看護師・薬剤師など)だそうです。現地の医療機関で働いてきた講師陣はもちろん医療の分野に精通しており、また希望すれば現地医療機関を視察することもできるそうです。

宿泊先はコンドミアムホテルのほか、HLCA専用の寮もあります。毎日、通学用のシャトルバスを利用できたり昼食には感動的に美味い日本食のお弁当が出てきたりと、細かいフォローの手厚い学校なんです。

 

▼わたしもブログ記事を書かせてもらっています。

http://www.hlca-english.com/team

 

医療系の独自カリキュラム

HLCAの最大の特徴である専門領域に細かく細分化された医療英語カリキュラムで、これまで医師・歯科医師をはじめ、看護師・助産師・保健師・理学療法士・放射線技師・などそれぞれの専門分野に沿った授業を受けることができます。デモンストレーションを交えて教えてくれるので、そのまま現場で使える表現まで学ぶことができました。

医療系英語を教えてくれる学校のメリットは、学生の話題が共通していることでしょうか。皆医療系分野で働いていた経験のある学生ばかりなので、学習に対するモチベーションも高く、休憩中には楽しく談笑していますよ。諸学校のようにスパルタという感じではなく、セブ島での生活も楽しめるカリキュラムです。

また現地医療機関を視察したりメディカルミッション(地域への医療ボランティア)への参加も可能です。

 

▼セブ島のスラム街で炊き出しボランティアをしてきました。

【セブ島留学】これがスラム街の現状。セブ島で週末炊き出しボランティアをしてきました。 - YUJImedia.com

 

1ヶ月過ごした感想

HLCAでの語学留学を始めてから1ヶ月が経過しました。その中で思うことは、とにかく講師陣の知識が深いことです。医療分野だけでなく、語彙力や表現の広さ、また日本の文化への関心も深いように感じます。他職種の知識もあり、医療のことでわからないことがあればなんでも教えてくれます。(現地医療職の給料も……)

本当にこの学校を選んでよかったと思っています。留学決定当初の目的は医療英語+TOEIC対策でしたがどちらも満遍ない授業展開をしてくれます。英語でのコミュニケーションにも動じなくなりましたね。

 

▼1ヶ月でTOEICスコア+200点上がりました。

【セブ島留学】1ヶ月でTOEICスコア+200点!?医療英語特化のセブ島語学学校HLCAで学んだこと。 - YUJImedia.com

 

今日のまとめ

わたしが留学しているHLCAは医療英語に特化した語学学校です。学校周辺の治安も良く、今の所快適にすごしています。医療分野で国際分野に進みたいとおもたときに、第一選択の学校ではないでしょうか?

 

格安&短期間で英語力アップ! セブ島英語留学完全ガイド

格安&短期間で英語力アップ! セブ島英語留学完全ガイド

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

これであなたもフィリピーノ。

 

■更新履歴

2017年6月5日